コラージュ川柳が面白い3つの理由 

新聞紙の文字を切り抜いて川柳を作る「コラージュ川柳」が話題になっているという。

なんだこれ!新聞切り抜きの #コラージュ川柳 がレベル高い

これを見たとき、すごい面白いと感じた。
久しぶりに私に合っているものだと思ったので、やってみることにした。


sen2.jpg

senn4.jpg

senn5.jpg

面白いかどうかはわからないが、
私自身はやっていて楽しかった。

コラージュ川柳を作る面白さは、3つあると思う。

① 新聞から文字を選ぶ面白さ
② 集めた文字を組み合わせる面白さ
③ 活字・フォントが持つ面白さ

まず①。どの文字を使うと面白くなるのか、これを考えていくのが面白い。
次に②。面白いと思った文字を、どう組み合わせるかを考えるのがパズル的で面白い。
そして③。特に大事だと思うのだが、その文字を並べたコラージュ川柳の面白さは、
活字・フォントが持つビジュアル力によって、増幅されていること。

シュールな文字列が並ぶコラージュ川柳だが、
活字で見せられるとなぜかすっと入っていく。

もし「敗戦後 壁の向こうに みうらじゅん」と単に書いても、
シュールだね、で終わられそうな印象しか残せない。
でも活字・実際に印刷された文字で見せられるとなぜか説得力を持つ。
この活字の力が、コラージュ川柳の力なのだと思う。
 
久しぶりに能動的に頭を使う遊びとして、
コラージュ川柳はとても面白かったので、やっていきたいと思う。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2015/06/21 08:06 ] ニュース | TB(0) | CM(1)
新聞の切り抜きイコール脅迫状という常識もこの面白さに繋がっていそうです、
[ 2015/07/20 12:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する