スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

響け!ユーフォニアムは「特別」と「みんな」の物語―吹奏楽の演奏とアニメ制作 

「響け!ユーフォニアム」12話を見て、
本作は「特別」と「みんな」の物語であると私は感じた。

yufo12000.jpg

今回、それは久美子が「特別になりたい」「上手くなりたい」と泣きながら
自分に訴えかけるように主張したことで決定的になったといえる。
特に橋の上で泣きながら「上手くなりたい」というシーンは、強く心打たれる。

久美子のこのような変化には、
麗奈の「特別」になりたいという姿勢に心打たれたのか。
香織の態度や葵の退部劇の影響もあるのか。
何にしても久美子が吹奏楽部で培った経験によって
「特別」になりたいと思ったのだろう。

何より久美子がユーフォを心から好きだったことに気づいたことに他ならない。
ずっとユーフォをやっていたのも、好きだったという証明なのだろう。
そうした久美子の「特別になりたい」「上手くなりたい」「ユーフォが好き」
という様々な感情が見事に入り混じった久美子を今回は上手く描いていた。

yufo12001.jpg

ただ吹奏楽部は「特別」になりたい久美子だけのものでもない
久美子以外の麗奈、葉月、緑輝、秀一、あすか先輩や部長などなど
吹奏楽部の「みんな」の演奏で成り立っていくものだ。


今回、久美子は滝先生に演奏の不慣れを指摘されたが
一人でも不慣れな演奏は許されない。
「みんな」の完璧な演奏によって始めて成立する。
その意味では久美子や麗奈といった個々人は「特別」を目指し、
一方で吹奏楽部の「みんな」で一致団結してコンクールを勝ち抜くように練習する。

yufo12003.jpg

「響け!ユーフォニアム」は久美子や麗奈といった
個々人が「特別」になりたい気持ちや感情をクローズアップしつつ
一方であくまで本作は「みんな=部活動」を取りあげつつ、
部活動という組織の物語である事も描いていく。

その意味で「響け!ユーフォニアム」は
「特別」と「みんな」のキーワードによって、
それがハーモニーのように奏でられていく物語なのかもしれない。

吹奏楽の演奏はアニメ制作に置き換えられる

こうした吹奏楽部の「みんな」で演奏をすること、
この吹奏楽の演奏自体がアニメの制作に置き換えられると私は思った。

商業アニメの制作には作画(原画・動画)・美術・仕上・撮影・編集・ダビング、音響
などの様々なセクションを経て制作される。
そして吹奏楽も木管楽器、金管楽器、弦楽器・特殊楽器、打楽器など
様々な楽器の演奏者たちのハーモニーによって演奏される。
アニメの制作も吹奏楽も一人ではなく、「みんな」の手で行われる。

先ほど上げた滝先生の久美子への演奏の指摘も同様に
アニメの制作も一つのセクションの不備が作品の出来に大きく影響する。
あくまで各セクション、各演奏者の「みんな」の完璧な仕事が、
アニメ制作を、演奏を、より良いものにしていく。

そして本作の制作を受け持つ京都アニメーションは、
作画・美術・仕上・撮影を自前に持っている会社だ。
アニメ業界は各セクションで分業化が進み、
例えば制作会社が美術や撮影などを他の会社に外注するケースも多いのだが
京都アニメーションは上記のセクションを自前で持つことで
一貫した制作体制を持ち、独自の強みとして機能する体制を持つ。

そんな事を振り返りながら、北宇治高校の吹奏楽部は、
そのまま京都アニメーションの写しなのではと思った。
※どちらも場所は宇治だったりするし。

私がこう考えてしまうのも、富野由悠季監督が以下のように発言するからだ。

富野由悠季「作品は現実の自分のポジションと無関係ではないですね」
出典:月間ニュータイプ1998年6月号付録「まるごと富野」より


これが当てはまるなら、
吹奏楽部員は京都アニメーションの社員さん
顧問の滝先生は作品の監督
演奏する曲は、アニメ作品に該当するのかもしれない。

yufo12-1001.jpg
※滝先生=石原監督?

さらにいうと、久美子はシリーズ演出の山田尚子さんが強く投影されているのか、
それとも各演出家さんも久美子に投影しているのか、
顧問の松本先生は八田陽子さんなのか、とかそういう邪な視点で見てしまう。

いずれにしよ「みんな」で何かをやり遂げるという点で捉えると、
アニメの制作も、吹奏楽の演奏も同様なのかもしれないと感じた。

まとめ

12話は凄かった。絵コンテ・演出の三好一郎さんは伊達ではないことを改めて思い知らされる。
しかし三好さんの演出に思い知らされるのは何度目なのか…。
でも今回の三好さんの演出は凄かった。

kumikoyufo.gif

特に涙の描写が凄かった、
そして久美子の感情に限りなく肉迫する描き方が素晴らしかった。

個の感情
全体の空気

「響け!ユーフォニアム」はこの二つを描いて、そして次の曲が始まるのです。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2430-898edf24

久美子自身との戦いが… 今始まる~♪
いよいよ迫るコンクール。 滝の練習も厳しさを増す中、麗奈の演奏に触発された久美子もユーフォニアムの練習に熱が入る。 そんな中、滝はユーフォニアムに突然コンバスとのユニゾンを指示。 久美子はその部分の練習に励むも、想像以上に難易度が高く上手く吹く事ができない。 思うように演奏できない事に苦悩し、必死に練習に励む久美子。 しかし、休憩も取らずに練習に励み...
[2015/06/25 21:32] アニメ色の株主優待
久美子が滝先生の期待に応えられなかった響け!ユーフォニアム12話。滝先生は全体練習のときに『次の関西大会に向けて…』って言葉をかけてあげればよかったですね。おかげでサファイアちゃんと葉月が気をつかうはめに。
[2015/06/25 20:06] おはぎいろ
【わたしのユーフォニアム】 響け!ユーフォニアム 2 [Blu-ray]出演:黒沢ともよポニーキャニオン(2015-07-15)販売元:Amazon.co.jp さすが京アニですね! 
[2015/06/25 17:59] 桜詩〜SAKURAUTA〜
暑そう、そして熱そう。画面からでも夏の暑さが噴き出してくるような描写ですね。そして練習も熱が入ってます。…オーディションに落ちた人って何しているんだろう。中川居るんで休みじゃない様ですが。  スカートに血が!これは練習のし過ぎ、野球で言う血染めのボールみたいなものか。って鼻血かよ。 いや暑さのせいかもしれないんで、安心は出来ませんね。 久美子に難題。ユーフォ...
評価 ★★★ うまくなりたい!                
後藤くんの目が怖い。ww 「響け!ユーフォニアム」の第12話。 オーディション騒動も収束し一層熱の入る夏休みの練習。 突然新しいパートにユーフォが組み込まれるが久美子にはやや難度の高いものだった。 しかし今の久美子は「私も麗奈のように特別になりたい」と積極的にチャレンジをする。 鼻血が出ても気付かないほど集中して練習に取り組む。 河原での自主練の帰りこれから塾へ向かうと...
[2015/06/25 02:51] ゆる本 blog
響け!ユーフォニアム 第12話『わたしのユーフォニアム』今回は・・・久美子が流血しました。まぁ、ただ鼻血が出ただけなんですけどね。てか、鼻血に気づかないくらい必死に練習 ...
[2015/06/25 02:47] ニコパクブログ7号館
 夏らしい気温になってきました(ヽ´ω`)
[2015/06/24 23:07] Wisp-Blog
響け!ユーフォニアムの第12話を見ました。 第十二回 わたしのユーフォニアム コンクールまであと少しという時期に合奏でいきなり違うパートのフレーズを吹くよう言われた久美子はその部分は難しくてなかなか上手く吹くことができない。 「良くなってる。でもコンクール的はダメ」 「だよね。ねぇ麗奈、私上手くなりたい」 休憩もせずに麗奈に付き合ってもらって練習する久美子だったが、...
[2015/06/24 22:23] MAGI☆の日記
常にさらなる高みを目指していた者とそうでない者との違い、かな。 滝先生が難易度の高いフレーズを要求しても即対応できるあすか先輩。 詰まってしまった久美子は猛練習を重ねるも、ついに一部パートを外されてしまいました。 こういう悔しさは初めて味わったんでしょうね。 そして、中学時代に麗奈が流した涙の意味をようやく理解。 これは本気で全国を目指していないとわからない気持ちかもね。 もっと...
[2015/06/24 22:03] のらりんすけっち
久美子走ってましたねえー 自分の感性では表現しきれませんけど、 抱いている想いと現実の不一致によるストレス。 どうにかしたいけのは山々。 苦労はするけれど納得いく結果が得られない苦痛。 行き場を失った願望が自分を支配していく、、、 言葉足らずで申し訳ないけど、見てて伝わってきたものです。 軽い音楽もすきですが、ガチの音楽も大好きw 回を増すごと...
[2015/06/24 21:47] アサナノ!
響け!ユーフォニアム 第12回「わたしのユーフォニアム」です。 『響け!ユーフォ
響け! ユーフォニアム 第12話『わたしのユーフォニアム』 感想(画像付) 今回の作画演出は神がかってました! 久美子の悔し涙のシーンは息が止まるほど綺麗でした。 京アニ作品でも屈指の名シーンかも。 最終回前でこのテンション…どうなるんだ次回(笑)   コンクールまであと少し。 そんな時期に合奏でいきなり違うパートのフレーズを吹くよう言われた久美子。 しかし、その...
[2015/06/24 21:19] 空 と 夏 の 間 ...
第12回 わたしのユーフォニアム 夏休みは早朝から夕方まで練習。しかし誰もが時間の足りなさを感じていた。ユーフォニアムに追加で特別パートを要求される。あすかは、いとも簡単に演奏してしまう。久美子には難しく、個人練習を始める。 麗奈が訪れて上手くなってるけれどコンテストじゃ通用しない。私、上手くなりたい、麗奈みたいに特別になりたい。じゃあ私はもっと特別になる。全体練習に誘いに来た緑が鼻血を出し...
[2015/06/24 21:03] ぬる~くまったりと
『わたしのユーフォニアム』
[2015/06/24 21:01] ぐ~たらにっき
あすかの首すじと、夏紀ちゃんのダメだわこれという久美子への視線がぺろぺろしたくなるほど可愛いかった。 頑張った久美子が滝の一言でへし折られ、上手くなりたいと叫ぶのが青春しているのはわかるんですが、定番すぎてちょっと乗れませんでした。 ただ女の子の作画は良いので、あすかの首すじにドキドキしたり、練習してもなかなか上手く吹けない久美子に向かって、ちらりと夏紀らしい脱力感のある視線を送った...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。