夏コミ新刊「トミノギスタ発動篇」の紹介 

今回の冬コミ(C88)で、Gレコと富野監督を語る同人誌
「トミノギスタ発動篇-ほほえみは光る風の中」を頒布します。

私とすぱんくtheはにーさん、グダちんさん、あでのいさんで「Gレコ」に関する記事。
まっつねさんに富野監督に影響を与えた出﨑統と富野喜幸の関係
を書く記事という構成で、Gレコと富野監督について多角的に論じた本になっています。

tominogisutaha.jpg

頒布日:コミックマーケット88/2日目/8月15日
スペース:東パ01a
サークル名:失われた何か
頒布価格:300円

【執筆者・原稿タイトル】

おはぎ(失われた何か)
・富野由悠季の二つの故郷と「Gのレコンギスタ」

すぱんくtheはにー/@SpANK888ゲームばっかりやってきました)
・『Gレコ』の夢、繋げる夢――ベルリのように、あるいはアイーダのように

グダちん/@nuryouguda玖足手帖-アニメブログ-)
・脱ガンダムと王子革命―Gのレコンギスタは子ども向けアニメである

あでのい/@adenoi_today銀河孤児亭)
・リギルド・センチュリーの科学技術論―G-セルフはドラえもんである

まっつね(まっつねのアニメとか作画とか)
・出﨑統と富野喜幸~多元動的、一元静的、立体感
 
表紙の富野監督を描いたのは、前回の本でも表紙を担当したうろこさん @chor_co

以上、「トミノギスタ発動篇」の概要です。
当日お待ち申し上げます。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2015/08/15 00:00 ] ニュース | TB(0) | CM(1)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/08/17 11:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する