アニメ「ワカコ酒」の作画と美術の魅力 

仕事帰りに酒場でおいしそうな肴をツマミに一杯飲み、
至福の時を過ごすワカコを描く「ワカコ酒」。

最近、美味しい酒を飲む機会があり
酒(特に日本酒)の魅力を実感できるようになったので
「ワカコ酒」の言わんとしていることがわかるの。
原作も読んだ。

そんな「ワカコ酒」のアニメは絵・作画の魅力も高い。
例えば4話の以下のシーン。

wakako4.gif

今回の酒の肴はウニクレソンなのだが、
この鉄板にあるクレソンを飲み屋のオヤジがヘラで手際よく
混ぜているシーンがとても気持ち良い。これなら美味そうに見える。

wakako4.jpg

あと美術でいえば、このシーン。
メニューが書いてある黒板が、飲み屋という雰囲気が出している。
また黒板周りのボトル類も良い味出している。
ゆきゆきえさんの美術の良さを存分に堪能できる。

wakako4000.jpg

ウニクレソン!」

最後にワカコさんが可愛い。沢城みゆきさんの演技も良い。
独特の目の描き方が良いデザインをしている。
その目で色々な酒や酒の肴を見聞しているのだろう。
 
2分、本編だけだと1分30秒ぐらいだが
「ワカコ酒」は見所に溢れている。
ワカコのように、仕事終わりに見たいアニメだ。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2015/07/29 20:02 ] ワカコ酒 | TB(1) | CM(1)
これはいいですね。
美味しそうなアニメはそれだけで幸せな気分に。
わたしの住んでるところではやってないんでDVDを待つかな。
[ 2015/08/06 07:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2437-34a6e353

ワカコ酒に関するアニログです。
[2015/07/31 12:08] anilog