富野監督の「ターンエーはGレコの500年くらい昔の話」発言から感じた事 

8/27のガンダムカフェで開催されたGレコ勉強会。
ゲストは富野監督と石井マークさん。

勉強会のクライマックスは、
この勉強会の質疑応答の中で富野監督は、質問者から
「初めて時間を遡った作品を作られた心境を」と聞かれたところ
「ターンエーはGレコの500年くらい昔の話」
という返答をしたところ。

私は目からウロコだった。
監督自身による「Gレコ」が「ターンエー」より後の作品という発言に驚かされた。

私は「ターンエー」で提示された
黒歴史そしてガンダムの全肯定という概念に対して
「ターンエー」以降に作られるガンダムも全て黒歴史となり
全てのガンダムの終着点として「ターンエー」があると思っていた。

「SEED」も「00」も「AGE」もこれからの「鉄血のオルフェンズ」も
全て黒歴史になって、最後に「ターンエー」の世界が訪れると思っていた。
「ターンエー」が歴史の最後という位置づけで今までのガンダムを見ていた。

富野監督は上記の発言に続いて
「そんなのは、あのターンエーの時代の黒歴史でしかなくて」
と発言したが、確かに黒歴史は「ターンエー」という作品の話であって
他のガンダムに黒歴史という視点を用いるかどうかは、
解釈の問題でしかなかったのだ。

私は「ターンエー」の黒歴史と今までのガンダムの全肯定という
概念を素晴らしいものであると思い、この視点を活用して他のガンダムを見ていた。
この視点に縛られていたのだ。

富野監督の発言をうけて、「Gレコ」の物語を振り返ると、
概念に縛られたアイーダが旅したことで
世界に対する認識を変えていった物語でもあった。
振り返ると私も概念に縛られていた。

今思うと「ターンエー」が黒歴史後の最後のガンダム世界という見方も
縛られた概念・固定観念であって、
「Gレコ」は固定概念を叩き潰す為にあった作品だったのだとすら思える。

富野監督の発言には
常に最新作こそが自分の一番の作品であるという気持ちが伝わってくる。
過去の作品に満足せず、常に今の作品が一番。
つまり「ターンエー」を刷新して「Gレコ」があるという思い。
挑戦の精神が衰えない、富野監督の姿勢こそ見習っていきたい部分だ。


以上富野監督の発言を受けて、私なりの感じ方をまとめたが、
「Gレコ」が「ターンエー」の後の世界なのか、
「ターンエー」が最後のガンダム世界か、
それとも時系列なんて関係ないと見るかどうかは
最終的に決めるのは受け手が作品をどう見ていきたいかにある。
受け手の作品に対する答えは、受け手の中にあるのだから。

私の中では「Gレコ」が「ターンエー」の500年後の世界であっても、
1999年当時「ターンエー」が提示した
黒歴史からのガンダム最後の世界による
ガンダムの全肯定という視点の価値自身が揺らぐことはないと思っている。

それでも「ターンエーはGレコの500年くらい昔の話」という発言によって、
「ターンエー」が提示した黒歴史と全肯定という概念に縛られていた
ガンダムの見方の刷新ができたのは、これ以上にない収穫だった。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2015/08/28 19:25 ] 富野由悠季 | TB(1) | CM(2)
前略 大塩です。独自だという自惚れは避けますが、今回の私の記事は以前から考えていたことでした。またサンライズに対しては、宇宙世紀の日常の物語を観たいという意見を持ち。戦争の報道の仕方とか、流行っている競技とか。早々
[ 2015/09/03 22:21 ] [ 編集 ]
ちょっと前のインタビューにて、富野さんは『ターンエーでさえ、ガンダム総括論であって”脱ガンダム”にはなってなかった。しかしGレコでは出来た』と仰られてました。なのでガンダムの範疇である黒歴史のなかに”脱ガンダムを成し遂げた”Gレコを入れるのは忍びない、という思いも今の富野さんの心には大きいんではないでしょうか。まあクレッセントシップはターンエーの時代には無理云々という時系列的なことも仰られてたようですが元々違う作品である2作品であるからそこの細かい繋がりを云々するアニメファン(ガンダムファン)には基本的には付き合いきれん、という気分もあった上で、ああいうイベントだしそこまで斬って捨てるのもそれはそれで無粋なのでリップサービス的に時系列的な部分にも踏み込んだのであろうし、とにかく富野さん的には一番言いたいのは『Gレコは脱ガンダムを果たした!よってターンエーより未来である。以上。』という気分を言いたかったんだろうなあ・・・と。なので某ガンダムブログなどで『やはりターンエーの台詞などを見ても矛盾があるから許せない云々・・・』と言い張ってる人達をみると『まあまあもうちょっとリラックスしようよ・・』と言いたくなります。
[ 2015/09/11 14:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2439-5d2523b8

 私が知ったのは 『やらおん!』の記事 ですが私が閲覧するブログでも、 失われた何か と、 富野愛好病 でも扱っていました。いい機会なの『∀ガンダム』が唯一のSFという「俺解釈」を、 披露しますね。論じる前に予め野断りですが、私はガンダムシリーズを含む物語を論ずる場合、 殆ど実際にあったこととして論理を展開したつもり。  しかし例えば富野作品を例にするなら...