「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」2話ー少年と大人と血の関係について 

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」2話を視聴。

はじめに

ギャラルホルンのMSによる攻撃を、
三日月乗るガンダム・バルバロスによって防ぐものの、
再攻撃を命じられたクランクは単身CGSとの決戦に望み、
一方のCGSのオルガも大人達からの独立を企て、三日月に協力を願う。

敵を追い返しても、少年達の目の前には地獄しかない。
地獄であるなら、居場所を作り、地獄からの解放を自ら勝ち取る。
オルガと三日月の二人の行動から、自由への意志が感じられた回だった。

少年と大人と血の関係

1話でも強調されていた大人と子供という構図が
2話でも「血」というキーワードで語られる。

goru2000.jpg

三日月はガンダム・バルバロスに搭乗での負荷により鼻から血を出し、
オルガはCGSの大人達の都合により制裁を受け、血を流す。
三日月とオルガという少年二人が、それぞれの信念をかけて血を流す。

少年側という話でいえば、クーデリアもまた血を流さぬのだが、
彼女は彼女なりに三日月を理解しようとするが、
三日月への気持ちに遠く及ばずというところではある。

一方の大人達は命令し、自分達の立場を主張するだけで
CGSの大人達、ギャラルホルンの大人達も含め
身をもって血を流す覚悟をする者は殆どいない。
本気の子供とそうではない大人の有り様が血をもって描かれていた。

血とは生命の象徴であり、生きている事の実感でもある。
一方で死に繋がるものでもある。
生と死の狭間にある三日月とオルガの立ち位置が浮き彫りになっていた。

ギャラルホルンのクランクが
子供達の境遇への理解と軍人としての立場の狭間で
理解ある大人として描かれていたのは、大人側の救いの一つ。
またアインが戦闘で負傷した所では血を流していた。

次回3話は、少年三日月と理解ある大人のクランクが
戦う展開になりそうであり、序盤の節目の一つになるだろう。

まとめ

今回も戦闘も、煙を起こして相手の懐に下から潜り込む
ガンダム・バルバロスなど、知惠を使った戦法が随所に見られて面白かった。
驚異的なメカ作画と行き届いた演出で見るものを魅了する。

火星の茶色の土壌に包まれた広陵なビジュアルと
三日月とオルガに流される血が相まって
少年達の過酷な運命を象徴しているのも印象的だった。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2444-d9869054

評価 ★★★★ どの口がいうんだ……(意味深)              
クーデリア、今の所順調にポンコツ・・・
[2015/10/15 04:41] ゴマーズ GOMARZ
 鉄血2話~! 今週はリアルタイムで見れました。衝撃でしたね、おっぱい。 けどこういうさりげないのがリアルっぽいと思うんです。
 基本的に録画放送で好きな時に作品を見ている人間なので、時間を決めてテレビの前に座るというのがなかなか慣れない。土曜に早めに寝て早起きに繋げて、日曜の他アニメ2本の感想を書く時間に余裕を持たせないとなあ……
[2015/10/11 21:03] Wisp-Blog
オルガが雇い主を見限って行動を起こそうとする。
[2015/10/11 20:35] アサナノ!
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.10.11バンダイビジュアル (2015-12-24)売り上げランキング: 55Amazon.co.jpで詳細を見る  数個前の記事で行く気満々滾らせてたMBSアニメフェスのライブビューイング、  結局行けませんでした…(;´Д`)  というのも、日程をす...
[2015/10/11 20:33] 新・00をひとりごつ
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第2話はギャラルホルンに強襲されたCGSは応戦するもMSが投入されて苦戦する。そこにガンダム・バルバトスを起動させ三日月をパイロ ...
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第2話はギャラルホルンに強襲されたCGSは応戦するもMSが投入されて苦戦する。そこにガンダム・バルバトスを起動させ三日月をパイロ ...
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2話 『バルバトス』 ≪あらすじ≫ ギャラルホルンの小隊をガンダムバルバトスで見事撃退した三日月と参番組。だが、そんな参番組に待っていたのは生き残って引き返してきた一軍からの理不尽な仕打ちだった。 一方、ギャラルホルンの火星支部には特務三佐・マクギリスがやってきていた。 (公式HP あらすじ 1話より抜粋) ≪感想≫ ...
[2015/10/11 20:28] 刹那的虹色世界
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第2話「バルバドス」バルバドス起動!子供たちの「生きる為」の闘いが始まる!でござるの巻 
「バルバトス」 「命が大切ではないのですか?」 「大切に決まっているでしょ? 俺の命も、皆の命も」 第2話冒頭、三日月がガンダムで出撃した際のやりとりが出たわけだけど、いきなりハードな設定が来たなぁ。三日月たちが、背中の後ろにつけていた機械。それは、ナノマシンを使い、脳で直接、情報を処理できるようにするシステム。しかし、それは脳へと強い負担を強いて、脳神経を破壊するリスクを持っ...
[2015/10/11 18:44] 新・たこの感想文
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第2話を見ました。 #2 バルバトス 「MWのシステムで動くの?」 「あぁ、システム自体は元々あったものを使う。ほれ、一度目を通しとけ。あ…だったな。ま、欲しいのは阿頼耶識のインターフェイスの部分だ。大戦時代のMSは大体このシステムだ」 「阿頼耶識…?それは成長期の子供にしか定着しない特殊なナノマシンを使用する危険で人道に反したシ...
[2015/10/11 18:41] MAGI☆の日記