スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「生きる糧の物語」としての「鉄血のオルフェンズ」4話。 

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」4話を視聴。

クーデリア姫を地球に護送する算段を整えつつ
鉄華団がこの護送の仕事をこなして生きる糧と自分たちの道を手に入れようとする。

一方のギャラルホルンのファリドとボードウィンは
クーデリア姫を拘束しようとして現地に調査へ向かう。

三日月はクーデリアを連れて、ビスケットの祖母のトウモロコシ畑に連れて行く。
三日月はクーデリアに作物を採取することと作物の状況や行き先を教える。
その最中に三日月達とファリド達と遭遇し、一悶着がある。

畑から戻ってきた三日月達にオルガは新しい旗を持って迎えるのだった。

「生きる糧の物語」として描写された作物を採取すること

鉄血のオルフェンズの物語のキーワードは「生きる糧」である。

本作は生きるために何をしなければならないのかを
火星と厄祭戦300年後という世界をもって描いている。

ガンダム作品の多くは、キャラクターに理念や主義を与えて行動する作品が多かった。
00の刹那であれば戦争根絶。AGEのフリットであればヴェイガンへの復讐。
Gレコは戦争をしないようという考えでベルリが動くが、
戦争以上に旅することへの好奇心がより勝っていたと思う。

鉄血はこれらの作品とは違い、三日月は理念や主義で動くこと以上に
まず生きることが第一であることを強い比重で描かいている。
だから金や食べ物の話題が本作では欠かさずに出てくる。

鉄血に近いのは1stガンダムかもしれない。
1stガンダムが「生き延びること」であり、鉄血は「生きる糧を得ること」だから。

今回特にこの「生きる糧」というキーワードを強く感じさせたのは、
三日月がクーデリアをビスケットの祖母のサクラちゃんの農地に連れて行き、
みんなで作物を採取するシーンを描いたことだ。
(このトウモロコシはバイオ燃料用で格安で取引される)

orufe4.jpg

生きるとはまず食べることである。食べるために食物を育てたシーンを描く。
こうした当たり前の光景をきちんと4話で描いてきて見事だと思った。
作物の描写を描くことで、3話でクーデリアが野菜を切り
配給を手伝っていたシーンが伏線として生きてくる。
食べ物を調理するだけでは生きることはできない。
作物を育てることを含めて、食べて生きていくことができるのだと強く訴えている。
「生きる糧」そのものが描写されているのだ。

戦争がメインの作品は補給・兵站という点での食事の重要性は描かれるが、
「生きる糧」生きていくことそのものをテーマにした本作では、
作物の採取・農業の描写というのは欠かせないものだったと思う。

三日月はまず生きることと現状をサクラちゃんの作物を通して
クーデリアに伝えたかったのだろう。
現実にはクーデリアが知らない事も多いのだと。
その想いはクーデリアの心に伝わっていたようで、
一方の三日月もクーデリアという存在を気にかけているようだ。

さらに今回はヒューマンデブリという、金でやり取りされる人間という設定も出てきた。
過酷な世界であることがより克明に伝わってくる。

生きるということは、大人達のようにずるがしこく生きるということも
トドなどの描写で対比的に描写されている。
次回以降大人側の立場の人間が子供にカウンターを出すのだろうか。

まとめ

「生きる糧は戦場にある」
鉄血のオルフェンズのキャッチコピーである。

orufe4-1.jpg

「生きる糧」とは生きるために必要なお金や食料の事を指すが
それ以上に鉄華団が生きていくための動機を見つけていくことでもある。
その糧が戦場にあるとしたなら、鉄華団は戦いを通してしか
生きる方向性を得ることはできないという厳しい現実が待っている。

ただまずは旗を手に入れた。自分達の「生きる糧」になる居場所を作った。
小さな前進ではあるが大きな前進である。

戦争・戦場を舞台にするからこそ、
生きるために必要な食べ物・農業の描写が入ることで
本作の物語展開により深みが加わった4話だった。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2448-677427ed

評価 ★★★★ 悪いのは君じゃない              
鉄華団が動き出す~
[2015/10/28 08:53] ゴマーズ GOMARZ
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第4話 『命の値段』 ≪あらすじ≫ 自分が原因で多くの少年が命を落としたと思い悩むクーデリア。三日月はそんなクーデリアを連れ、ビスケットの祖母が営む農場に赴く。そこでは思いもよらない出会いが待っていた。 (公式HP あらすじ 4話より抜粋) ≪感想≫ なんとなく三日月とマクギリスの出会い方が刹那とグラハムっぽかったんだが(...
[2015/10/26 22:14] 刹那的虹色世界
フミタン「船はあるのですね?」 ビスケット「はい。方舟にCGSの船、 ウィル・オー・ザ・ウィスプがあります」 クーデリア「方舟。たしか 民間の共同宇宙港でしたね」 ウィル・オー・ザ・ウィスプ。 日本じゃ不知火(しらぬい)とかが有名な鬼火伝承。 不知火舞のでっけ…
[2015/10/26 15:05] アニメ偉言
クーデリアさんも連れて来たんだ(怒。むくれるアトラに腕につけたミサンガを見せつける。君のプレゼント愛用してるぜアピール、途端に上機嫌。一方で沈みがちなクーデリアに「君のお陰」と優しい言葉。子供なのに…野郎ばかりの戦場で育ったのに…天然プレイボーイですね。  おっさん裏切りそう。前回クランク中尉と決闘したのがお気に召さなかった様で。鉄華団じゃ貴重な大人メン...
三日月達がついに王子様(マクギリス・ファリド)と接触。 戦闘は無かったけど、話の方は布石を散りばめた形。 トドの行動は、鉄華団にどういう影響を与えるのか。 自決で墓穴になりそうな気もしますけどねw 以下ネタバレあり。
[2015/10/26 08:57] こう観やがってます
 用事の外出先からの帰りにMBSオンデマンドで鉄血のオルフェンズを視聴。いい時代だなァ。ただスマホの電池がものっそい勢いで減ったけどwww
[2015/10/26 00:32] Wisp-Blog
鉄血のオルフェンズ いや、今回も面白かった。 戦闘の無い日常回だったにもかかわらず、 地球への旅の難しさがわかりやすく説明されたことと、 トドのおっさんのわかりやすい暗 ...
[2015/10/25 21:40] ガンダムFWブログ
      ,.-‐- 、        火星ってけっこう良い土地なんだね       /    l               |  ,. ‐'´ ̄``丶      \\_____//_          / /    丶   ヽ     //        \\   アザディスタンを思い出すな     | lV ハ|  '`丶ヽ.   .//___     __\\   ...
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.10.11バンダイビジュえアル (2015-12-24)売り上げランキング: 55Amazon.co.jpで詳細を見る  今週は“命の値段”という抽象的なテーマを、  サクラちゃんの畑で収穫されるトウモロコシや昭弘たちヒューマンデブリを用いることで、  印...
[2015/10/25 20:49] 新・00をひとりごつ
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第4話を見ました。 #4 命の値段 鉄華団の初仕事としてクーデリアの護衛を続けることになったオルガ達は通常の地球への航路はギャラルホルンが管理しているために低軌道ステーションで案内役の船を待つこととなる。 「裏ルートを行く必要があるんですが、航路は複雑で俺達も地球への旅は初めてです」 「その上、この裏ルートには民間業者間の縄張りっ...
[2015/10/25 18:53] MAGI☆の日記
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第4話は三日月とオルガはクーデリアを地球へ送るために民間の宇宙船を手配する。一方三日月はクーデリアにこの世界の現実を農業を通じて ...
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第4話「命の値段」主人公とライヴァルトウモロコシ畑で運命の出会いでござるの巻 
実っておるわ。
[2015/10/25 18:37] アニメガネ
「命の値段」 CGS改め鉄華団の初仕事となるのは、クーデリアの地球までの護送。表のルートは、ギャラルホルンに抑えられており、裏ルートを使わざるを得ない。しかも、その裏ルートにも各業者の縄張り争いがある。 そんな状況での初仕事。 内憂外患、ってな感じだなぁ(笑) クーデリアを地球へ送り届ける。それ自体がかなり厄介な仕事ではある。しかも、CGSクーデタの余波はまだ残っていて、...
[2015/10/25 18:32] 新・たこの感想文


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。