スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「鉄血のオルフェンズ」の本質-死と悲しみ背負い生きるオルフェンズの物語 

「鉄血のオルフェンズ」は、21話のビスケットの死によって
本作の輪郭が見えてきたという思いが強まった。

それは本作の物語構成が、
あるキャラと深い関係にある対になるキャラが
そのキャラを庇って死ぬことで展開していることにある。

庇って死ぬキャラ達

tetuti12001.jpg

12話で昌弘は昭弘を庇って死に、

humitan1001.jpg

16話でフミタンはクーデリアを庇って死に、

tetutitui001.jpg

21話でビスケットはオルガを庇って死ぬ。

死んだキャラはみんな味方キャラを庇って死んでいる。


本作は数話単位で○○編という形をとっているのだが、

ブルワーズ編の12話では昌弘。
コロニー編の16話でフミタン。
地球降下編の21話でビスケット。

というようにブルワーズ編以降、各編で一人づつ死ぬ構成をとっている。


また死んではいないのだが、
敵側でもガエリオを庇ってアインが瀕死の寸前に至っている。

tetutitui000.jpg

中盤以降の鉄血は誰かを庇うという展開を
何度となく繰り返す構成になっている。

また、主要なキャラには価値観に隔たりがある
対となるキャラが存在し、両者の関係性で物語が描かれるのがわかる。

ヒューマンデブリでも家族があれば救われると思った昭弘と否定する昌弘。
クーデリアの価値観に難色を示し続けたフミタン。
方向性の違いが明白になったオルガとビスケット。

そんな方向性・価値観が違う関係でありながら
最後は他者のために庇って死んでいくという構図になっている。

オルフェンズが描くもの-孤児(オルフェン)の二つの意味

庇って死ぬ展開が起こることで、何が描かれるのか。
それは生き残った者が、自分を庇って死んだ事に対して
どう向き合って変わっていけるかということだ。


例えば昭弘であれば昌弘の死を乗り越えようとするために
彼を手に掛けたガンダム・グシオンを乗機とする決めた。

クーデリアもフミタンの死を無駄にしないよう
甘さを捨てて目的のために行動する
強さを手に入れたように感じられる。
(三日月の前で泣いたりもするけど)

人の死を乗り越えて、強く生きようとする姿が描かれている。


そんな生き残った者達は一方では
孤独になっているのではないかという思いがよぎる。

本作は親がいない孤児たちが鉄華団という家族といえる居場所を作り、
孤児達が孤独や悲しみから開放されていくようにも見えた。
しかし人の死によって、昭弘やクーデリアは鉄華団はあっても
孤独になってしまっている側面があるように思える。

つまりオルフェンズ(孤児)には二つの意味があるのではないだろうか。

まず鉄華団の面々のように親がいない意味の孤児。
次に大切な人を失い一人になる意味ので孤児。

以上のように考えると
後者の生き残った孤児達(オルフェンズ)が大切な人の死を乗り越え、
悲しみを背負いながら生きぬいていくのが、
本作の物語の骨子かもしれないと思った。

まとめ

「鉄血のオルフェンズ」という物語は
主要なキャラには対になるようなキャラが存在し、
価値観の相克を超えて、最後は身を犠牲にする。

そして生き残った者はその死を乗り越え、
孤児として厳しさに揉まれ生きていく。

ED曲「オルフェンズの涙」でも
「オルフェンズ 涙 愛は悲しみ背負い 強くなれるから」
という歌詞があるように、
人の死と悲しみ背負い生きるのが「オルフェンズ」の物語であることがわかる。

そして今後の展開を考えると
三日月の対になるようなキャラは誰かという問題に辿り着く。
可能性の話ではあるが、三日月は誰に庇われるのかということ。
アトラかオルガかそれともクーデリアか。

ただオルガもクーデリアも既に庇われているので、
アトラあたりが危険なような気もしてしまう。

いずれにしても、
本作はキャラ同士の価値観の対立が起こったら
庇って死ぬという展開が続いているので、
今後は誰が誰をかばうのかという展開も予想しながら
見ていくと面白いのかもしれない。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2472-6a830db7

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.02.22バンダイビジュアル (2016-03-25)売り上げランキング: 189Amazon.co.jpで詳細を見る  予想してなかった分、今回の展開は辛かった(;´Д`)  辛過ぎてて、なんだか全てに対してマイナスの目線で見てしまいました…。  というわけ...
[2016/03/03 18:57] 新・00をひとりごつ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。