「ガンダム Gのレコンギスタ」の総括 

「ガンダム Gのレコンギスタ」の総括を述べたい。

g-reko26002.jpg

「Gレコ」は富野由悠季の研究論文

「ガンダム Gのレコンギスタ(以下Gレコ)」は、
富野由悠季の「科学技術と社会経済の視点から見た世界に対する研究論文」である。

まずGレコの企画が具体化する2000年代後半。
富野監督は取材やインタビューを通し
「ハンナ・アーレントの『全体主義』の考えをアニメで表現したい」と語る。
この試みはとても面白そうだと思い期待を高めていた。

2015年の講演会ではGレコの参考資料として
池内了「科学・技術と現代社会」とE・H.カー「危機の二十年」を紹介。

2016年の講演会でもガンダムエースの対談企画「教えてください。富野です。」
で専門家と対談したこと。特に宇宙エレベーター実験の参加と
青木義男教授達との出会いがGレコを作る上で大きかったと語る。
以上の経緯を踏まえると、Gレコは富野監督が
出会い・取材・経験といったインプットを限界の限りアウトプットした作品だ。

宇宙エレベーター、スコード教、フォトンバッテリー、
クンタラ、アグテックのタブー、船体の装甲に使う特殊な材質、
ムタチオン、ユニバーサルスタンダードと設定の数々。
これらの設定も富野監督のインプットを通して得た成果。

ただGレコは自身のインプットを通して
自身の考えの是非は問わず問題提起に徹する。
これは富野監督が2015年のGレコ放映終了後の講演会で

「(Gレコは)ユートピアニズムに陥った大人たちはリアリズムの欺瞞性を持ち込むから問題点を挙げておいた。」

と語ったように問題提起に留めるスタンスである。

富野監督の意見を直接伝えるより、視聴者がどう受け止めるか。
特に子供達がGレコを見てどう考えるのかを大切にしてほしいのだろう。

一方で翌年2016年の講演会では

「(Gレコの問題点は)リアリズムとテーマを優先させるためドラマを無視してしまったこと」

と語り問題提起を優先しドラマが疎かになったと語る。
ドラマよりもテーマ寄りになった点でも、Gレコは研究論文的な作品ではないか。

私がGレコを面白く見られたのは、富野監督の考えを聞きたいスタンスだったから。
ドラマ以上に富野監督が問題提起するテーマを聞きたかったから。
Gレコは毎回、作中に散りばめられた問題提起が面白かった。

「人は自分一人で本当に考えることができるのか」ハンナ・アーレントが提示する問題、
組織と人の有り様など全体主義についての問題。科学技術の問題。
様々な問題を提示させられ、考えさせられたのが面白かった。

富野監督が考えを聞きたい立場なら、Gレコは面白かったのではないか。
逆に富野監督のテーマに興味がなければ、楽しみづらいのではないか。

富野監督がGレコを通して問題提起したい研究発表に対して、
視聴者が興味を持てるかどうかがGレコの評価に繋がってくると感じた。

現代の科学技術の有り様とGレコ

Gレコは科学技術が抑制された世界。
宇宙世紀時代の科学技術・軍事技術の進歩はタブーとされ、
宇宙エレベーターから供給されるフォトン・バッテリーを通して成り立っている。
その中で多くの人々がスコード教を信じて生きている。

過去の宇宙世紀時代に起きた戦争の経験を通し、
行き過ぎた科学技術の悲劇の歴史を終え、リギルド・センチュリーの時代を迎える。
戦争と科学技術の抑制によって世界は徐々に再生されていく。それでも戦争は起きる。

Gレコは、富野監督が現実では作ることは叶わないと語る宇宙エレベーターと、
理想的なエネルギーのフォトン・バッテリーがあっても戦争を起こしてしまう世界だ。
金星での人の身体が退化するムタチオンが描かれたことで、
人は宇宙では生きてはいけない、地球圏から離れて生きられない事も示唆している。

つまりGレコは、現実では宇宙エレベーターは不可能。地球から離れて生きられない。
そんな人類が地球で戦争をせずに持続可能性をもって生きるにはどうすれば良いのか。
以上を問題提起する作品だ。

地球で戦争が起きないよう宗教や科学技術で歯止めをかけても、
クンパ・ルシータによってヘルメスの薔薇の設計図が流出されれば、
各国はMSを作り軍備を増強させてしまう。

トワサンガやビーナス・グロゥブといった宇宙に住む人々が
地球に帰りたい・見てみたい思い(レコンギスタ)によって
地球側の勢力と戦争を引き起こすことも描かれている。

過去の反省から学び、様々なシステムを構築し宗教の教えがあっても、
いずれは誰かの手によってシステムが壊れ戦争が起こる。
科学技術への探求心。自分の故郷に戻りたい気持ち。
素朴に生まれる人の思いが、業となって戦争を引き起こす事を描いている。

こうしたGレコの世界を踏まえ、戦争が起こらないようにどうすればよいのか。
科学技術は扱い方はアグテックのタブーのような仕組みが有効なのではないか。
いずれにせよ一日一夜で解決できる問題ではない。

戦争を起こさないようにするためには

戦争を起こさないヒントは、メガファウナにある。
メガファウナは、アメリアが海賊部隊であると偽装し、
アイーダ指揮の元、キャピタルの諜報活動やフォトン・バッテリーの強奪を行う組織。 

その組織に様々な人間が集まる。

アイーダが捕まったことでベルリと出会い、
ベルリとノレドとラライヤがメガファウナのクルーになる。
地球と宇宙を転々とする中で、キャピタル・ガードのケルベス。
トワサンガのドレッド軍のリンゴ。
トワサンガのレイハントン家の旧臣であるロルッカとミラジ。
以上の面々がメガファウナに参加。

一時期的にはアメリアのクリムとニック。
キャピタルのマニィなどもメガファウナに参加していた。

人種や国家間を越えて様々な人々が集まったメガファウナ。
彼らは地球からトワサンガ、ビーナス・グロゥブを旅することで、
真実を知り各国間の戦争を食い止める動きを取ることになる。

元々、メガファウナに集まったクルーは好戦的ではなく穏健的な立場だ。
こうした国家間を越え、同じ問題意識を持った個人が集まることで、
本格的な戦争が起こる前に食い止めることができた。
つまりメガファウナに集まるような人々がいれば戦争を防ぐ力となるのではないか。

またGレコの物語から振り返るに、一つの考えを持った組織だけに属さずに、
旅をして違う世界や組織の考えを触れることの大切さを訴えていた。
旅することでアイーダのように凝り固まった考えを開放し、
公平で広く深い考えを身につける生き方も訴えていた。
旅を通して様々な考えを身に着けることが、戦争を起こさない道なのかもしれない。

まとめ

Gレコは富野監督の見聞きし出会いを通して得た経験を総動員した集大成。
集大成であるがゆえに、テレビアニメの枠では収まらない程、
密度の濃い情報量溢れる画面と思いに満ち溢れていた。

凄惨な展開にはせず、清々しく最後まで見られる口当たりの良さ。
未来に向けて再び旅立つラスト。
富野監督は永遠のチャレンジャーだと感じさせてくれた。

Gレコは現代に山積する諸問題に対し、どう取り組めばよいのか。
特に科学技術についてここ2年間の講演会で富野監督は

「科学者が自分達の研究が進歩だと疑いがないと思っているようだが、そんなことはない。彼らはマッドサイエンティストだ」

というニュアンスで警鐘を鳴らしていた。

どこまでが本当に必要な技術なのか。持続可能な地球環境であるためには、
どんな技術を行使すれば良いのか。Gレコは考えるキッカケになるはずだ。

ここまでテーマ的な事を中心に描いてきたが、まずアニメとして面白かった。
極めて高レベルの手書き作画によるメカアクション。
矢継ぎ早のような怒涛のコンテニュィティー。
生々しい感情と大仰さと細かさが同居する
芝居の積み重ねによって生まれるキャラクター描写。
見ていて楽しく面白い仕掛けに満ち溢れた作画と演出だった。

最後に富野監督はスケジュールが無くなったために
他の方にコンテを発注したニュアンスで語られていた。
実際に6話を除きほぼ9話までは、監督がコンテを切っていた。
もしGレコのスケジュールに余裕があれば、
富野監督は一人でコンテを全話切っていたのでと推測できる。

自らコンテを切るより、各話コンテマンのコンテチェックで
作品をコントロールするのが富野監督の制作スタイルだ。
もし全話コンテ切りを試みていたのなら、
故出崎統監督のように全話コンテ切りで作品を完遂させたかったのかもしれない。 
 
以上、Gレコの総括。「元気のGは始まりのG」。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2017/02/05 09:12 ] Gのレコンギスタ | TB(0) | CM(1)
Gレコに背景とかしっかりあったなんて始めてしった。。。
ガンダムシリーズはテレビOVA映画全タイトル目は通しているけど、みるに耐えなく全話通しでみれなかったタイトルの1つである。
(ちなみに「AGE」と「Gレコ」だけ)
ちなみに「AGE」の理由は「ニュータイプ」と言うカテゴリがあるなか同等の能力なのにXラウンダーとか新語かってに作るわ恐竜みたいなのにガンダムを冠するわで「ガンダム」である必要性がないうえにあの絵のタッチが後押ししてダメだった。。。
SEED覚醒は身体能力向上とかニュータイプとはまた違うからセーフw「Gガン」は従来の「戦争・政治」のガンダムのテーマから逸脱しているからニュージャンルとしてセーフだった。
Gガンはなんだろね?「愛と友情」?っと脱線しました。

Gレコがダメだった理由はガンダム好きとしては邪道ですが、「富野ワールド」がどうしてもダメなんです。
AB型特有の軸のない会話・言い回しが頭にまったく入らない・残らないでストーリー性が理解しづらいというか感情移入できないところがダメなところです。
ちなみに同じ理由で1stは苦手ですwww
(なぜそこでそのリアクション?そして全力スルーで次の展開、今のくだりなんの意味があったの?みたいなが多々見受けられる)
ちなみにSEEDにも絡んでますが、総監督してやるとストーリーが崩壊するって意味です。
前置きが長すぎてすいません。
こんなで、そんな感覚でみていたので、宇宙エレベーターとか00のパクリじゃんって思ってましたが裏に背景があったんですね。
また富野先生のファンでしたら気を悪くするかもしれません。
予めご了承ください
[ 2017/02/07 13:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する