スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々・もう一つの「バルス」 -宮崎駿と『天空の城ラピュタ』の時代 

今月読んだ本の紹介。



① ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々 ちば かおり (著)

日本テレビアニメの金字塔「アルプスの少女ハイジ」がどのようにして生まれたのか。
そのルーツと制作秘話を当時のスタッフの取材を通して描いていく労作。

まず企画の瑞鷹の高橋茂人さんの生い立ちからハイジの企画の根本を探る内容。
高橋さんの中国の天津租界での生活がハイジに繋がるというのが興味深かった。
他には高畑・宮崎・小田部氏達のスタッフの制作手法を通して
ハイジがいかに惜しみない工夫と労働を費やして制作されたのかを描いている。

個人的にはスタッフの高野登さんがハイジの1話を
「ハイジが山へ登るだけの話なのに面白い」と評していたのが面白かった。



「アルプスの少女ハイジ」については
本著と「幻の『長くつ下のピッピ』」を読むことで作品の輪郭は見えてくると思う。





② もう一つの「バルス」 -宮崎駿と『天空の城ラピュタ』の時代 木原 浩勝 (著)

「天空の城ラピュタ」の制作進行で、現在は作家の木原浩勝氏による創作秘話。
木原氏がなぜアニメ界の門を叩き宮崎アニメに関わっていったのか。
作家らしく起伏あるストーリー仕立てのような内容でスラスラ読める。

宮崎氏が様々なコンテ案やアイディアを木原氏に語りながら
苦心して絵コンテを切っていたエピソードが秀逸。
「失敗は許されない」という宮崎氏の言葉には
当時の宮崎さんの立場がにじみ出ている。

ジブリ関係の本ではあるが
本の中で鈴木敏夫氏の名前を見かけないのが逆に新鮮だった。
 

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2017/08/31 22:47 ] ニュース | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2535-e5c3ddeb

天空の城ラピュタに関するアニログです。
[2017/09/01 20:40] anilog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。