FC2ブログ

ダーリン・イン・ザ・フランキス 7話の演出-イチゴの髪と二面性 

ダーリン・イン・ザ・フランキスといえばイチゴ。

そんなイチゴの性格をデザイン上で最も表しているのが髪型。
この髪型を感情表現・画面効果として使っている。

darihur7.png

左側の髪はヘアクリップによって開かれることでの陽のイメージ。
第13都市部隊のリーダーとして明るく周りを気遣い引っ張り
パブリックを背負う面もあるイチゴ。

上のように左側から映すと、明るく凛のあるイメージに見える。

対して右側はイチゴの私的・内面を担う陰のイメージ。
端的にいえば、ヒロやゼロツーへの誰にも言えない思いを抱える。


darihur7-9.png

例えば、ゼロツーがイチゴに話しかけたシーン。
イチゴは左を向き目を逸らして話す。
右髪がゼロツーに対する精神的防御壁として機能しているイメージとなる。

darihura7-5.jpg

ゼロツーがキスについての話は興味があるので
目はゼロツー側を向くが、髪がゼロツーをシャットダウンしている。
髪型だけでイチゴとゼロツーには壁があることを感じさせるのが上手い。

darihura7gif-iloveimg-compressed.gif

この左右非対称の髪型が生かされるのは振り向きシーン。
顔が隠れた状態から、表情が現れることで変化を感じさせるのが良い。
その表情が、あまり見せたことのない表情なら尚更。

darihura7-6.png

真正面から映すと陰陽が一体となったような、
イチゴの全てを見せてくれる感じがする。

イチゴの魅力はイチゴのヒロを思う気持ちが中々当人に届かない点に
視聴者側が思いを込めることで生まれると思うの。
さらにいえば、イチゴも自分の思いを上手く言葉にも形にもできない点にある。
最初はキスも知らない、恋も愛もまだ知らないこども達。

イチゴの髪型は彼女の複雑な内面をデザイン的に見せてくれるキャラクターだと思う。

darihura7-4.jpg

こうしたイチゴの髪型と同様な機能を持っているキャラクターとして
鉄血のオルフェンズのオルガ(前髪)が挙げられると思う。
リーダーとして振舞う責務があるオルガ。
一方で三日月の期待に応えることの不安を抱え持つ二面性を、
前髪で目や表情を隠したりすることで、表現してように思える。


ダリフラ7話はイチゴのモノローグで始まり終わった点でイチゴメインの回だった。
彼女が可愛く見えるのも、その髪によるものだというのがわかる7話だった。

<余談>

darihura7-1.png

偉い方々が「グランクレバス」への到達が目的と言っていた矢先に
大地の割れ目(クレバス=女性器の隠喩)から
滅びた都市へと誘われ世界の一端を知るこども達。

その中でココロは性に関する本を入手し、
ゼロツーとイチゴはキスについての話をする。

海(命・母性・感情)→割れ目(女性器)→荒廃都市(真実)→海及び流星と
場面転換した今回。

性的メタファーに彩られた本作でも最もらしい展開だった。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2018/02/25 16:30 ] ダーリン・イン・ザ・フランキス | トラックバック(-) | コメント(-)