FC2ブログ

ダーリン・イン・ザ・フランキス 22話の演出を語る-万物流転・暗から明へと生きる 

オトナ達はいなくなり自らの手で大地と生きようとするコドモ達。

もぬけの殻の状態のゼロツーと手一杯のヒロ。
ココロの妊娠、作物は育たず、指導者もいない。
全てがうまくいかない中で、少しの手がかりと
前に進もうとする人の心を元に希望を見出す話だ。

誰も、同じ川に二度入ることは出来ない。
今回この言葉が使われていた。
万物流転、全ては変化するという考えだ。

オトナ達がいた世界からいない世界へ。
いない世界からその先の一歩踏み出した世界へ。
13部隊は地上から宇宙へと生きるための戦いに赴く。
全ては変化するために、留まることを許されない。

生きるために戦うこと、それは変化することを恐れずに上に向かうこと。
そんな話だったと思う。


さて今回。とにかく画面から滲み出る空気が重い、辛い、物悲しい。
まずそれはキャラが辛そうな表情をしているから。

darihura22-1.jpg

darihura22-4.jpg

darihura22-3.jpg

darihura22-5.jpg

登場する殆どのキャラが身体的・精神的に追い詰められ虚ろな表情を見せる。
各シーンごとで万遍なく見せてくる容赦のなさ。
さらにその虚ろさを取り払う術が無い点を突きつけられ、
より視聴者に暗々たる印象を植え付ける。
例①ナインズはメンテナンスできないので、そのままの状態でいるしかない。
例②作物が育たないが、対抗するすべがない。

darihura22-6.jpg

キャラクターの悲しみを代弁するかのように降る雨。
そして明度を抑えられた暗いトーンの画面の連続。
キャラ表情と画面と物語が三位一体となって
Bパート中盤まで物語は辛い展開の連続で構成される。


転機はミストルティンの土なら栽培できる可能性が期待できるところから。
ナナさんは自分の足で立ち上がる。
ヒロは心がストレリチア・アパスに残されたゼロツーを迎えに火星へ行くことを決心。

darihura22-3.gif

独善的なヒロ(いつものことだけど)に
ゴローの怒りが爆発する姿を見て感情が高鳴るイチゴ。
真正面から抑えているところと、表情付けが素晴らしい。グッとくる。

darihura22-1.gif

イチゴの涙は流星へと繋がる。ロマン溢れる演出。
この流星もゼロツーの心があるアパスがVIRMと戦って
生まれた光なのかもしれないと考えるとグッとくる。

darihura22-4.gif

旅立ちの朝。
一人で宇宙へ向かおうとするヒロと一緒に行こうとするみんな。
空は雨から晴れにて光り輝き、今までのどんよりムードを払拭させる。
画面は上方へPANされ開放的に生きる希望を孕みながら今回を締めくくる。
ゼロツーを迎えに行くこと、VIRMを倒すことが生きることになると信じて。

darihura22-2.gif

ED曲が流れる中、水の波紋を映すカットがちょっとある。
「誰も、同じ川に二度入ることは出来ない。」とゴローのモノローグを挟みながら。

オトナ達の言葉を信じて考えなかったコドモ達が、
様々な経験を積み重ね生きることを掴んできた。
そして絶望下の状況の中でも希望を見出し
変化を恐れずに前に向かうことを選択した。

ダリフラとはそういう生き方を伝えたかった作品なのかもしれない。
 
絵コンテ・演出は高雄統子さん(3回目)。
雨も暗いトーンも重い空気とその先の光も含めて高雄さんがにじみ出た演出だった。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する