FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

富野由悠季監督 特別講演レポート-創作の原動力 

5月5日の13時からに宝塚大学 東京新宿キャンパスにて
富野由悠季監督 特別講演が行われた。

D5xjTMfUcAIVA2h.jpg

その中で「創作の原動力は?」という質問があり、
富野監督は次のようなニュアンスで答えた。

現在でここにあるものではない何かを作りたい。違うものを作りたい。
今ここにあらわれているものに好きなものはない。
好きなものがあっても自分で作っていない。好きなものは自分で作りたい。

ガンダムGのレコンギスタを作った。
ガンダムを作ったと大人の世界ではそうだが
ガンダムを作った覚えはない。これがガンダム世代にはわからない。

今あるものは気に入らない。
違うものを作りたいと強固に思っています。40年前も1stもそう.



今ここにはない、違うものを作りたい。これが全てである。

富野監督は自分自身で作りたい方である。
既にあるもので好きなものがあっても、
自分が作ったわけではないから気が済まない。
自分で作って、作ったものを好きになりたい方なのだ。

富野監督は子供の頃、宇宙ロケットが好きだったが、
既存のロケットの形では満足せず、ロケットのデザインを描いていた。
子供の頃から変わらない、違うものを作る挑戦。

空想とはいえ世界全てを作ることができる
オリジナルアニメのような媒体は富野監督に適していたと思う。
ロボットアニメでもオリジナルなものができる可能性を見出して
特にザンボット3以降、ロボットアニメの専従者としてやってきたのだろう。

富野監督が自分の作った作品を好きになるかについては、
自身の作品を「失敗作」「見てはいけません」等々の発言からわかるように、
相当なハードルを課している。安易に自分の作品を好きとは言わない。

そして続編は、作ったという認識ではない。
だからZガンダムからブレンパワード直前までのガンダム専任時期について
新作を作ってこなかったと発言することもあった。

新しいもの(新作)を作りたいのだ。

富野監督の真髄が明確にわかる質問への答えだった。
以前に富野作品に惹かれるのはカウンター性、
今見えている世界とは違う世界を作る点にあると感じていたが、
富野監督から今ある世界とは違うものを作りたい事が明確に聞けて、
私の考えも遠からず当たっていたのかと少し安心した。
 
そんな富野監督は公演で12歳の少年から
「一番好きなガンダム作品は何ですか?」と質問された。

富野監督は「色々あるが、一番最初のガンダムが一番好き」と答えていた。
違うものを作り好きになりたいという富野監督にとって
1stガンダムが新しいものを作ったという自負を感じさせた返答だった。
 
富野監督には新しいものを作っていただきたい。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2019/05/07 20:22 ] 富野由悠季 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。