FC2ブログ

最初好きではなかったコービー・ブライアントの死が辛いわけ 

コービー・ブライアントの事故死が辛いのは、
私にとって同時代人であったこと。
才能に溺れず、想像を絶する努力により成功を勝ち取り、
これからの活躍を期待されながらも若くして亡くなる、
人生の虚しさを突きつけるからだ。

nbakobe.jpg

NBAにハマりつつある時にコービーはレイカーズに入団。
スターダムを駆け上がり、何度も優勝し、レジェンドになった。
KG・アイバーソン・ダンカンとともに
最初から最後までキャリアを見届けられた選手の一人だった。

私にとってマイケル・ジョーダンは大人であり究極の憧れである。
コービーは憧れというより同時代人。一緒に生きてきた思いがあったことを
今回の訃報に接して気づかされた。

ただ最初の頃は必ずしもコービーが好きではなかった。
ショットセレクションの悪い試合や、独りよがりなプレイをしてしまう時。
「シャックか自分のどちらを選べ」とフロントに要求したこと。
ジョーダンと比較してしまうと、まだ及ばないという感覚(特にジャンプ力)があり
及ばなさが好きではないという評価になっていたのだと思う。

ただシャックと別れ、2009・10と連覇を成し遂げたこと。
特に10年のセルティックスとのファイナル後は、
本当に偉大な選手になったと思った。
キャリアの形成とともに、コービーのことを尊敬するようになっていった。

誰もネクスト・ジョーダンにはなれない。これは変わらない。
でもコービーだけはジョーダンに匹敵する、コービーという存在になったと思った。
引退試合で60点を取れる選手が、コービーの他にいるのだろうか。
今後彼ほど練習に対して驚くべきエピソードを持つ選手が現れるのだろうか。
スター選手が一つのチームに留まらない傾向が激しくなる中で
一つのチームで20年間プレイし続けるスター選手が今後現れるだろうか。

でも何より20年間、彼のプレーを見て楽しみ驚き勇気づけられ
大人になってきたものとして、こんな形でコービーを失うのは悲しいよ。
もっと一緒に年とっていきたかった。信じられない。信じたくない。
娘さんまで失ってしまったのは、ただただ辛い。

今はただ安らかに。残された家族の悲しみが少しでも癒えますように。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2020/01/27 20:56 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する