fc2ブログ

ドラクエ3の実用性の低い橋3選。 

発売されて33年の年月が経ったドラクエ3。
このドラクエ3には「誰が渡るのだろう?」という実用性の低い橋が存在する。
そこで3で使われにくい橋3選を紹介してみる。

1988.jpg

①世界樹から南東にある橋。
南西へと迂回すれば西・北へ行けるので
橋をかける意味が薄いと思われる。
北へ間違えて進んだ場合の保険みたいな感じ。

東へ行けばムオルの村があるが、
川(画面右側)で隔てられ結局船でしか行けない。
こちらに橋をかければ、ムオルから世界樹へ行けるのでより実用性が高かった。

ちなみにこの地区は爆弾岩・グリズリー・デスストーカー・まほうおばばといった
強敵達が出没する危険地帯。

1988-1.jpg

②スー地方に架かる橋。
この橋とスーの集落とは接続していない為
結局船でしかスーには行けない。
ゲーム攻略的には実用性が無く、むしろ勇者の進路を阻んでいる。
スーの住民には狩猟・採取に必要な橋なのかもしれない。
 
1988-2.jpg

③ポルトガより南、テドンより北にある橋。
こちらも北へ迂回すれば、橋のかかる東側へ行けるため
距離を短縮できる以外の意味は低い。
ただ東側へ行っても何もないので、やはり橋の意味は無い。
南のテドンは廃墟であり、この地方は南にあるほこら以外人の住む気配が無い。 

-まとめ-

3の世界では実用性が低いかもしれないが、
3より昔の時代には橋を作る意味があったはずだ。だから橋がある。
ただ3の時間軸では橋の存在意義が低くなったのだろう。
こうした橋の存在に世界の歴史の重みを感じるのである。

一方でこうした橋達は何もない地方において
画面の彩りを添えるために存在しているのかもしれない。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2021/02/13 08:30 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する