fc2ブログ

富野由悠季と移動の魅力―トリトンからGレコまで 

富野由悠季は
海のトリトンからGのレコンギスタのキャリアで
「移動」を描いてきた。

i48es.jpg

トリトンからイデオンまでの喜幸時代は
生死を賭けた中での移動(漂流)。
トリトンやザンボットは生き抜くための漂流。

この頃の富野はさすらいのコンテマン時代。
仕事場を転々とし、不安定な状況を反映して
漂流における生死のドラマにこだわったのかもしれない。

そしてガンダムの中で移動は
子供の頃の夢、宇宙旅行を戦争ものに置き換えて表現。
生死を描くドラマと宇宙旅行の魅力がガンダムで結実。
この路線を究極的に推し進めたのがイデオンだ。


富野はガンダム・イデオンを通して
サンライズを本拠地にして業界内でも存在感を示した。
自身のキャリアが変化する中で
由悠季以降は移動や生死の中で描かれるドラマ以上に
自身が描きたいもの・観念の表現に重きが置かれる

ファンタジー世界の創作(ダンバイン)
人類は粛清されなければならないのか(逆シャア)
家族とは(F91)

移動は観念を支えるものとなり、
移動そのものの魅力が低下。
Vガンは地球と宇宙を交互に移動はするが、
過酷なドラマに押しつぶされる印象が強い。


富野はVガン以降、心身不調に。
そして復調後の∀以降の移動のモチーフは
根源・ルーツが付与されたものになっていく。

心身不調からの復帰、還暦も迎る中で
自身の根源に至りたい、ではなぜ至りたいのかという
問いが自身の中で生まれたのかもしれない。


地球への帰還(∀)
現状打破の為のエクソダス(キンゲ)
故郷に戻りたい(リーン)
地球へのレコンギスタ(Gレコ)

移動そのものにエクソダス・レコンギスタと名が与えられ
移動する人々の動機に沿った物語が描かれる。

この富野における移動の最新の物語が、
エネルギー・物流・宗教・政治・経済。社会・技術といったテーマを射程にして
真実を求めて移動(宇宙旅行)したGレコである。
 

富野はキャリアの中で移動の性質を変えているが
アニメーションという絵で動かす・どう動かすのかを追求する表現の中で、
人の移動(動きで生まれる生活描写・なぜ動くのか)を描く。
移動を描く富野にアニメーションはピッタリの媒体である。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2021/07/31 18:34 ] 富野由悠季 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する