CLANNAD 18話 

久しぶりといっては何だが、京アニクオリティ。作画監督は池田晶子。
繊細で動きのある芝居。妙に決まったレイアウトもあり
絵的な見所が沢山あって画面に釘付けだった。
こんな作画が毎回見られたら、京アニは凄いってもっと言えるかも。

今回は寄って来る女全員に好かれている岡崎が
今回病気から復活した渚への態度を見て、
智代も藤林姉妹も岡崎を諦めるという話。
正直、岡崎は恋愛に関しては罪な奴です。
というか岡崎も渚もはやくお互いの気持ちに気づいてほしい。
(いやそのもどかしさがお話というのは承知してるけど)

藤林姉妹の涙は過剰な感じも受けたが、挿入歌も合間ってなんかジーンと来たなぁ。

智代が岡崎に自分の家族について語るシーン。
まさにクラナド=家族であり、鍵らしい展開ではあった。
本当は弟は交通事故だったみたいだが、アニメでは飛び降りた事になったのは
表現的な規制があったからだろうなぁ。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/02/17 17:35 ] CLANNAD | TB(3) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/272-c0d0d071

 CLANNAD  第18話 『逆転の秘策』 感想  岡崎朋也: 中村悠一  古河 渚: 中原麻衣  藤林 杏: 広橋 涼  藤林 椋...
[2008/02/19 22:28] 荒野の出来事
CLANNAD 4 (初回限定版) 智代を庇い、停学になった朋也。そんな彼を気遣い、智代は毎日朝食を作りにやってくる。だが、そこへ同じように朋也を心配する他の演劇部のメンバーも訪ねてくると、やがてその場は修羅場と化すのだった・・・。
まさに、『阿修羅さえ凌駕する』修羅場的な展開に超噴いたwww。 つうか、京アニはやっぱりすげぇ。これも紛れもなく神回と言ってもいい話...
[2008/02/17 23:54] soraの奇妙な冒険