FC2ブログ

ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~ 第3話「英雄のおかえり」 

118_R.jpg


ルイズが比較的おとなしい珍しい回です。

ティファニアを連れ王国へ戻る才人達。
アンリエッタに報告をし、シュヴァリエの位を受ける才人。
しかし敵側が言っていた「もう一人の虚無の使い手」は誰なのか?

今回は特に話の進展も無くゆったりとした回だった、
前シリーズから何故才人が助かった理由がわかったのと
話的には夜の才人とティファニアの会話ぐらいがメインでしたね。

才人が助かったのは、既に死んでいた状態だったがり
デルフリンガーが森まで転送したからだった。

ハーフエルフなティファニアは才人に魔法を使えると言う。
この流れの申告だと「もう一人の使い手」は彼女なんですかねぇ。
またアンリエッタの従姉妹ということも判明。
今回はティファニアのキャラ設定の紹介がメインだったのかも。
そして前回に続き、バストレボリューションを見せつけてくれた。

またシエスタが正式に才人に仕えるメイドになりました。
お邪魔虫の存在にルイズは悔しがりますが、女王様の命ならば仕方ない。
シエスタ可愛いですよ。才人ラブラブで一途な所が。
僕的なランキングは今の所、シエスタ>タバサ>ルイズ>ティファニアかな。

学院に戻った才人達を待ち受けていたのは大歓迎だった。
ここで一気にコメディ展開となる。
ウンディーネ騎士隊が編成され、才人は副隊長に。みんなで胴上げして終了。
なんかオチがつけられなかったから、強引な展開で終わらせた感じ。


よくある指摘ですが
才人(日野聡) ルイズ(釘宮理恵) ティファニア(能登麻美子) アンリエッタ(川澄綾子)
の4人が並ぶと別の世界で学園バトルものが出来そうですな。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/07/21 10:23 ] ゼロの使い魔 | TB(54) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/381-f72cd18d

やっぱ・・・・。 やっぱルイズはいいよ~ なんだか才人の名前がとっても長くなった・・・・。
[2008/07/26 00:57] 日常な日記
・前回のバストレボリューションが与えた衝撃は相当なものだったようですね。色々なブログさんの記事を見せていただきましたが、大胸、もとい、概ね賞賛の嵐という感じでした。やはり世の殿方は大きい方が好きなのかも知れません。ルイズが自分の胸にコンプレックスを抱く...
→ルイズの使い魔にガンダールヴを取り戻した才人がビッチ女王のシュヴァリエに。BLOOD+のシュヴァリエみたいにカッコよくないけどとりあえず偉くなっちゃった才人。女王のシュヴァリエという所はBLOOD+と同じだけど→ルイズはしつこくティファニアの胸に釘付けでwww
才人の命の恩人たるティファニアを連れて、トリステインに帰還ですよ。 アンリエッタとの謁見時、ティファニアが帽子を取らなかったのは、エ...
えー今週は… 「ニヤニヤが少ないじゃねぇか馬鹿野郎!!」 でも何週間もあのペースでいくと感染者が増え続けだけだと悟った スタッフの...
[2008/07/24 07:32] せーにんの冒険記
心臓が止まった才人をティファニアの住む森まで運んだのは・・・
[2008/07/24 00:14] もものぱれっと
 サウスゴータ地方のウエストウッド村。【ティファニア】は住み慣れた家を見上げていた・・・しばしのお別れだと。その表情は不安そうだ・・・。【ルイズ】と【才人】が待っているよ。そろそろ、出発の時間だと、、、【アニエス】が促した。馬車に乗り込もうとしても、、...
虚無の魔法の使い手が巨乳であってはならない… なぜならば胸の大きさも虚無でなければならないからだ!(o ̄∇ ̄)=◯)`ν゜)・;\'ゴメ...
[2008/07/23 00:42] アバトーンの理想郷
ティファニアを連れ、トリステインへ帰還するルイズご一行。 そのティファニアは、人間とエルフのハーフ。 どうもこの世界の人間は、エルフを怖れているらしい(そりゃあ、そうか)。 エルフだったティファニアの母親がアルビオンの大公の側室で、 その大公が、アンリ...
ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~Vol.1(2008/09/25)釘宮理恵日野聡商品詳細を見る今回はニヤニヤがあんまりなかった割には、そこそこ楽しめたかな。
[2008/07/22 23:29] 明善的な見方
 アンリエッタの密命を受け、妖精ティファニアを探しに、ウエストウッド村に向かったルイズ達。 そこで才人は、帽子を被っていた少女を発見した。最初は怖がって逃げようとした少女こそ、捜し求めていた妖精ティファニア。改めて才人が名前を教えると態度を一変。ティフ...
相変わらずのシエスタw学園に戻ってもいつも通り以上の生徒達(汗
[2008/07/22 21:49] ある学生の憂鬱
ゼロの使い魔13 (MF文庫 J や 1-16)(2007/12/20)ヤマグチノボル商品詳細を見る ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ 第3話 【あらすじ】
[2008/07/22 18:28] RAY=OUT
第3話「英雄のおかえり」の感想です。
今週、なんかちょっと微妙(^^; 日が空いたせいか、感想上手くかけないぽいw簡易で行きます。
[2008/07/22 15:50] ネギズ
ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ 第3話 「英雄のおかえり」 感想 病んでいる人シリーズ「今週のくぎゅ様」
『ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~』 今週のお話は、第3話 『英雄のおかえり』。 ストーリー概要は…。 あ~いやしばらく。 ※下記の日記内...
[2008/07/22 09:48] どっかの天魔日記
才人の環境がウラヤマシイを通り越して妬ましい…になってきたぞ? 犬身分に逆戻りはしたものの、その所為でシュバリエの称号がアンリエッタ王女から授かり、さらに才人専属メイドとしてシエスタが任命されて…って。なんか昼寝さんが黒く見えるのですが、ま、使えるもの?...
        早速お姫様の下へとお帰りです。 ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~3話目「英雄のおかえり」より。 前回早くも登場された革命...
[2008/07/22 00:02] 二次色ノート
 第3話 「英雄のおかえり」  公式ホームページからあらすじ・・・ 住み慣れた土地を離れ、トリスティンへと向かうことになったティファ...
[2008/07/21 23:24] まるとんとんの部屋
シエスタを差し置いて巨乳キャラのポジションを獲得したティファニア。圧倒的ですなぁ・・・・・・でも形はシエスタの方よさそうだし、キャラ的にもこちらが好みなので余りおっぱいには魅力は感じないw デカけりゃいいってものではないですしw
[2008/07/21 23:09] よう来なさった!
■第3話 英雄のおかえり 今回は今後の話へ繋ぐ為の中継ぎ回。 特別面白い展開はありませんでしたが、次回以降の為に各キャラがジョブチ...
[2008/07/21 23:03] めもり~る~む
くぎゅうううう!!!! くぎゅうううう!!!! (最重要事項なので2回言いました) 再会した直後から、才人はティファニアにデレデレ&優しいのですが、 ある一部分(胸)が決定的に負けているルイズは気が気でありません。 そんなルイズはティファニアに対してイヂワル...
[2008/07/21 22:03] さくら日記
超絶おぱい子さんに遺憾の意を表明します。
[2008/07/21 21:41] bkw floor
ついに、ウエストウッド村ともお別れ。
[2008/07/21 20:49] 日常と紙一重のせかい
JUGEMテーマ:漫画/アニメ   才人のガンダールヴの紋章も復活し、再びルイズの使い魔として、その役を全うする事になった。    今回は、そんな才人が出世??するというお話。  さらに、才人の命を救ったティファニアも一緒にトリステインに行く事になり...
[2008/07/21 20:01] 独り言の日記
第3話 「英雄のおかえり」
[2008/07/21 19:09] Shooting Stars☆
巨乳、ダメ! 絶対! 巨乳は世界共通言語であります。貧乳・・・いや、真っ平らな平原もまた共通言語だと私は思うのです。 平原は希少価値である その他、SDルイズ、金髪ツインテール、ギーシュを含む画像は続きから! ...
[2008/07/21 17:29] [杏] apricot on
でけぇ!
[2008/07/21 16:53] Ηаpу☆Μаtё
ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~ 第3話 「英雄のおかえり」 見ましたぁ~ 才人の命を救ったティファニア、 一緒にトリステインにく...
[2008/07/21 16:10] れ~な♪の日記
ティファニアはなんだかずいぶんと事情を抱えてるようだけど、大公の側室の娘となればいろいろ大変そうだな。 しかし、アンリエッタのいとこ...
[2008/07/21 16:02] 蒼碧白闇
 なるほど、こうやって才人は天然ジゴロっぷりを発揮するわけですね!うんうん。
[関連リンク]http://www.hatsunejima.com/第03話 英雄のおかえり無事に使い魔に戻った才人そして才人を助けた人物も見つけたことであとはトリステインに戻るだけということで…。ハーフエル...
[2008/07/21 15:19] まぐ風呂
■ゼロの使い魔3期 『この者に騎士なる称号を与えんとす』 サイトが姫様直属の騎士へ任命され、無事ガンダールヴにも戻れましたです。 ...
才人はティファニアを連れてお城に戻り アンリエッタの騎士・シュバリエになりました
[2008/07/21 14:35] アニメ-スキ日記
 ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~  第03話 『英雄のおかえり』 感想  -キャスト-  ルイズ : 釘宮理恵  平賀才人 : 日野聡  ...
[2008/07/21 14:27] 荒野の出来事
打倒テファ同盟あっさり崩壊? やっぱり巨乳とツルペタでは分かりあえる日は来ないか(マテ ではゼロの使い魔感想です。 ゼロの使い魔~三...
[2008/07/21 13:45] ラピスラズリに願いを
ゼロの使い魔-三美姫の輪舞-第3話「英雄のおかえり」の画像付き感想です。 前半はおっぱい。後半はツンデレですね。 相変わらず、盛り...
ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ 第3話「英雄のおかえり」
[2008/07/21 13:14] 恋華(れんか)
とまらないつんでれ。 でもティファニアもかわいい。 のとおおおおと言うべきかくぎゅうううううううと言うべきか… どっちでもいいね。
[2008/07/21 12:42] ナ ナ イ ロ ☆
森で独り寂しく暮らしていたテファ(´;ω;`)ウッ…  そこへやってきたのが才人で(本人死んでたけど)、才人と関わる事で運命が大きく...
[2008/07/21 12:35] 欲望の赴くままに…。
ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~の第3話を見ました。第3話 英雄のおかえりルイズ達が森で出会った少女は捜していたティファニアだった。彼女を連れてトリステイン王国へ戻った一行はアンリエッタに謁見する。「サイトさん、今度こそシュバリエの位を受けて下さいますね?」...
[2008/07/21 12:34] MAGI☆の日記
特に事件は無く、2期で投げっぱなしだった結末を説明した回でした。ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ 第3話 「英雄のおかえり」 のレビュー...
[2008/07/21 12:30] メルクマール
ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~Vol.1 住み慣れた土地を離れ、トリスティンへと向かうことになったティファニア。不安の表情を覗かせる彼女に、才人は優しく励ます。そして・・・。
神の左手~ガンダールヴ~~~ 勇猛果敢な神の盾~~ 神の右手が~ビンダールヴ~~~ 「彼女こそは、今期から登場であるにもかかわら...
[2008/07/21 11:56] リリカルマジカルS
さぁて、今週のゼロの使い魔は? 「ティファニアの胸」「シエスタ、才人の専属メイドになる」 「オンディーヌ騎士隊結成」の3本です。
[2008/07/21 11:21] らび庵
シエスタ、意外としたたか・・・かも前2回と異なり、ちょっとのんびりした回です。ティファニアの現状や過去、2期で才人を助けたときのことが多少明らかになったり、ルイズがシュヴァリエになったりした以外は基本的に大きな進展はなかった。ただ、1期のときから「シエス?...
[2008/07/21 11:13] 赤い彗星3号館
一人森に棲んでいたティファニアを連れ帰還したサイトたち。 ティファニアは広い世界を望んだというが不安そう…。 城についたところでティ...
ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~ 第3話「英雄のおかえり」 今回はティファニアがトリステイン王国にやってくるお話でした。 話の進展はほ...
[2008/07/21 10:55] Welcome to our adolescence.
ルイズ様、三乳姫に囲まれた才人に嫉妬の嵐。第1期のツンデレ、第2期のデレデレとも違って、ルーンが戻った才人に対しては、ミジンコか良くて犬扱い。 ティファニア・アンリエッタ・シエスタの爆乳連合軍にルイズ様、打つ手なしか? アニエスも第3期は胸革命中に見える?...
 さすがに、アンリエッタはティファニアの胸に意識が行っちゃう、なんてことは有りませんでした。  ていうか、今回は胸のネタは全く無しなのです。  そればっかりじゃ
[2008/07/21 10:39] ゆかねカムパニー2
「私が意地悪してると思ってる?」 うん、思ってるw これまで住んでいた家を離れ、名残惜しそうなティファニア。 広い世界を望んでいたけ...
ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~ 第3話「英雄のおかえり」の感想です。 ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~Vol.1メディアファクトリー [監督] 紅優, [俳優] 釘宮理恵, [俳優] 日野聡, etc.53分/DVD発売日:2008-09-25価格:¥ 3,032 [24%off]Amazon.co.jpで詳細を見る・・・
[2008/07/21 10:33] あららニッキ
第三話 英雄のおかえり シエスタの行動力は優秀
[2008/07/21 10:31] 心のプリズムNavi