FC2ブログ

マクロスF 16話「ランカ・アタック」  

政府にバジュラ撃退の秘密兵器ともなる存在と確信されたランカ。
彼女は戦闘へ赴き、歌を披露する。

ランカの選択が彼女の本当の意志なのかどうかなんですよねぇ。
本編では一応彼女が本当にしたいという事にはなってるのだけれど。

シェリルはこのまま、ランカの噛ませ犬状態に陥っちゃうのかなぁ。
それだと緊張感に欠ける。ランカによるランカの話で終わってしまうのだろうか。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/08/01 01:49 ] マクロスF | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/384-fd2e2484

「ランカ・アタック」三島とグレイスの暗躍によって、事態は変化してきているというのが今回からですかね。アルトは少尉に昇進していたり、ランカは常にブレラの護衛付でグレイスがマネージャーになり、超時空シンデレラとしてのプレッシャーが強まっていたり。シェリルは...
[2008/08/02 17:12] 地下室で手記