スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ナナリーについて】turn23「シュナイゼルの仮面」【感想補足】 

今回のサブタイは「シュナイゼルの仮面」

特にナナリーに対してシュナイゼルもルルーシュも仮面をかぶっていたのが気になった。

ルルーシュはナナリーにまだ「嘘」を突き通した。
本心では無かったからこそ、ナナリーとの会話を切った後ひどく動揺してしまった。
「嘘」をつく事、そしてその意味。皇帝が「嘘」の無い世界を目指し、
今回シュナイゼルは「嘘も方便」と言う。ルルーシュは特に言っていないが
それは次回の彼の行動でわかるのだろう。

一方シュナイゼルは仮面が巧妙ですね。

1期のブラックリベリオン時もナナリーがVVに拉致されたために
ルルーシュが戦線を離れたのが原因で負けたしまった事もあり、
ナナリーはルルーシュにとって天敵になってるなぁ。

個人的には最後はルルーシュ ナナリー スザクで仲良く暮らしてほしいと思ったが
今更「さぁみんな仲良し」というのも、無理そうだ。というか都合良過ぎるしね。
壮絶で過酷な最後がコードギアスに相応しい。

今回の本感想→コードギアス反逆のルルーシュR2 turn23「シュナイゼルの仮面」【感想】
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/09/14 19:26 ] コードギアスR2 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。