FC2ブログ

【感想】大河ドラマ「篤姫」 37話 「友情と決別」【生麦事件】 

島津久光と小松帯刀、大久保が勅使と一緒に江戸へ向かい
力をちらつかせ幕府に対して幕政改革の勅命を促す事に成功する。
天璋院は薩摩の真意を問いただそうと、久光と会う決心をする。

小松さんと再会です。これだけで非常に嬉しかった。
将軍家に嫁いでからはもう会えなくなってしまうのかなと思いまして。

久光は攘夷は無理と知りつつ、朝廷に取り入るための方便と知り
久光(薩摩)とは決別する事になってしまった。
ここで完全に薩摩とは縁が切れたと天璋院は思っていたはずだ。

しかし、前回でも思い出の品を燃やし故郷と決別したと考えてた
天璋院の心を変えたのは「故郷は捨てられない」と言った和宮。
確かに天璋院はあのお守りは捨てられないでいたからねぇ。
ここで和宮が彼女の心を変えるとは思わなかったなぁ。
今回も家茂と積極的に話そうとしてたし、和宮もやっとドラマに入っていけそう。
天璋院、ここで小松に会う決心をする流れは上手すぎる。

一方の小松さん、松平春嶽の所で勝海舟と出会う。
史実で実際会ったかどうか知らないが、良い組み合わせ。
勝とやり取りする中で国を変えるのは「力」ではなく「心」だと諭される小松。
この言葉は彼が本当に望んでいたものだったと言えよう。
ただ大久保とはちょっと違うかな。彼は「力」で行く様に描かれてますね。

天璋院は家茂に頼んで小松さんと再開。最初は小松さん緊張してたが、
「尚五郎さん」と言われ、囲碁を用意されてからは話が弾む。
小松さんがお近さんと夫婦になったこと意外に感じていたねぇ。

「私は幕府を守る」「薩摩を守ってください」という天璋院の想いはいいなぁ。
どちらかを天秤にかけたときに、どちらかを捨てるのではなくて
両方それぞれに想いをかける。決断としては故郷を捨てる判断より
厳しいだろうが、彼女らしいといえばらしい。

お互い、再開を信じてる台詞もいいですね。
次に会える機会は「江戸無血開城」かな。期待してます。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/09/14 21:24 ] 篤姫 | TB(21) | CM(2)
 TBありがとうございました。でもコードギアスR2の記事にこの記事がTBされていまして、「篤姫」は視聴はしていますが記事は書いていないのでコメントにてお返しさせていただきます。

 今回の見所は大奥に尚五郎を呼んで囲碁をしながら語り合ったシーンでした。尚五郎に負けて立派になったと喜ぶ篤姫が再会を約束しましたが、これが今生のお別れになってしまうのでしょうか?

 北大路さんの勝海舟は現在何歳の役なんでしょう? かなり若い筈ですよね、とか考えると楽しいです。

 「生麦事件」が起きました。この後は薩摩と英国が戦争になって薩摩が負けて賠償金を払うんでしたっけ?

 幕末モノは難しいです。「篤姫」は今までの幕末ものの大河ドラマとは違ったキャラ設定の人物が居て尚更に難しいです!(>_<)
[ 2008/09/15 01:30 ] [ 編集 ]
才角地那の様

はじめまして。
違う記事をTBしてすいませんでした。
それなのにご丁寧なお返事を頂き大変恐縮です。

>今回の見所
江戸城開城時に、西郷ら政府軍が攻めて来る時に
再開のチャンスがありそうです。

>北大路さんの勝海舟は何歳なんでしょう。
北大路欣也は現在65歳です。
また現時点では文久2年で勝はこの時39歳です。
確かに年は離れていますが、幕府側メインのドラマでは
勝は重要な役になり大物俳優の起用する傾向が強いです。

>生麦事件
薩摩が負けて賠償金を支払ってます。
薩摩の方針を攘夷から倒幕へ変えた事件でした。

>幕末モノは難しい
幕末モノは登場人物が多くまた人物の思想も
どんどん変わっていくので、整理が難しいです。
そこが幕末の魅力なんでしょうけど。
[ 2008/09/15 01:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/418-774359a0

なんか最近の「篤姫」のタイトル、ワンパターンですね(苦笑) ○○と▲▲とか、対比が多い。 今の天璋院様の状況を考えたら、そうなるのも仕方がないんでしょうがも少し捻ってはどうかと・・・。 あ、「大河」ですから捻りすぎたらだめなのか! 今回は、決別するの...
[2008/09/16 10:30] murmur
★「人は力で動かすものでなく心で動かすものですよ」  力で幕政改革を行う久光(山口祐一郎)に疑問を持つ帯刀(瑛太)に勝麟太郎(北大路欣也)が言った言葉。    人は心にもやもやを感じる時、何とか形にしたいと思うもの。  この時の帯刀がそうだった。  目的の?...
[2008/09/16 08:03] 平成エンタメ研究所
文久2(1862)年6月7日、島津久光@山口祐一郎、勅使と共に江戸入り ・将軍徳川家茂@松田翔太が上洛し、国家安泰について、朝廷と話し合うこと ・島津・毛利・山内・伊達・前田の有力諸侯を国政に参加させること ・一橋慶喜@平岳大を将軍後見職・松平春嶽@矢...
江戸へ向かう久光と勅使。・家茂の上洛・有力諸侯(島津、毛利、山内、伊達、鍋島)の幕政への参加・一橋慶喜、松平春嶽の幕府要職への就任久光、小松、大久保らを従え江戸へ。尚五郎=帯刀のことが気になる篤姫。薩摩藩 江戸屋敷(江戸薩摩藩邸)に入った久光。勅使・大原...
『友情と決別』内容久光(山口祐一郎)は、朝廷からの勅使を伴い、薩摩兵とともに江戸入り。そして、、、勅使から、3つの命令が告げられた。家茂の上洛。有力諸侯の幕政参加。一橋慶喜、松平春嶽の幕政登用。だが、勅使と、老中達との交渉は進まない。。。そこで久光は、...
\"久光との会見\"と\"帯刀との再会\"と\"愛する薩摩への想い\"。 第三七話『友情と決別』
「友情と決別」 なんか島津久光ってすっごく鼻息が荒い{/m_0250/}{/m_0164/}{/m_0164/} 好きになれないタイプだなぁ。 ついつい薩摩藩主と勘違いしてしまいそうですが、あくまでも彼は藩主の後見役なんですよね。 薩摩藩のお役目は勅使を守るということ。 でも、勅使と幕...
[2008/09/15 13:51] ミチの雑記帳
久光は武力を背景に改革案を強引に幕府側に認めさせて しまいましたね{/kuri_5/} 少し早急過ぎる感じがするのです{/cat_6/} 斉彬が藩主ならば絶対にこう云う交渉の仕方はしなかっ た筈です。 そんな久光と大久保のやり方に帯刀だけは疑問を持った 様ですね{/kuri_5/} 強引...
[2008/09/15 08:42] 函館 Glass Life
「友情と決別」きょうは じ~~~~んときた。。
[2008/09/15 01:20] ice-coffee
今回の見所は、3つの異なる対面でしたね。1つめは、天璋院vs島津久光そもそも対極にいる両者ですから、主義主張が異なるのは当然。状況的に攻める側の久光の方が精神的にも余裕があった感じです。しかし、対面後に久光が帯刀に『天璋院は味方になってくれそうもない』と語...
[2008/09/15 01:02] 山南飛龍の徒然日記
勅使がもたらした朝廷から幕府への帝への使者。久光がついに江戸へ!!感想遅くなりました(><)でも食事は美味しかった~♪「今、幕府は朝廷の言いなりになるわけにはまいりません」それだけを言いに、和宮に会いにやってきた天璋院。薩摩を捨てたと断言する天璋院です...
久光(山口祐一郎)が勅使を伴って江戸にやってきました。勅使は将軍の上洛、雄藩の幕
[2008/09/14 23:47] くまっこの部屋
今日は奈良猿沢池の采女まつりに出演してました。船とぎょが終わったのが7時30分、大急ぎで帰宅して今篤姫見終わりましたです。猿沢池采女まつりについては後日報告をアップするとして 今日の篤姫だけど生麦事件以外は全部完全創作物語でしょうか? ホームドラマと割?...
[2008/09/14 23:18] ぱるぷんて海の家
今回は内容が満載でした。一つ一つが本当に大切なものが多く、見逃せない回といえるでしょう。歴史としての転換点は少ないのですが、物語の中で重要な柱となる2人の人間関係につい...
[2008/09/14 22:52] あしたまにあーな
先週、薩摩ゆかりの品々を焼き捨て、薩摩との縁を切る覚悟を見せた天璋院ですが、やはり 故郷を捨てることは 簡単にはできません。 薩摩の様子を聞くたびに、心が動き 心配はつのり 悩みは増すばかり・・。 思うに 天璋院は、なんでも 自分で仕切りたがりすぎですね。...
[2008/09/14 22:51] 風のうわさ
島津久光、江戸へ到着。徳川幕府と勅使という後ろ楯を得た島津久光。分は久光側にありました。ここで天璋院は「薩摩ではなく徳川の事を優先せよ」と断言。久光上洛を喜んでいた和宮一派にも、そう告げます。そして後日、勅使・大原重徳VS老中・板倉、脇坂の論戦が繰り広...
[2008/09/14 22:17] 必然的なヒストリー
 第三十七回「友情と決別」久光率いる薩摩の兵が幕府の改革を求め、帝の使者を伴って江戸へ入ってきた。天璋院は、一行の中に帯刀がいるのではないかと気になって仕方がない。勅使と幕府老中との交渉は進まず、久光の命令を受けた大久保は武力を背景に幕府に圧力をかける...
[2008/09/14 21:52] 日々“是”精進!
NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 3週間振りですね、ご無沙汰しております。 あとナンカTBが飛ばないんですよ!主にgooブログに!?1年く?...
[2008/09/14 21:49] ブルー・カフェ
<それと、まいりました!>「いや、やはりよい。知ってどうなるものでもない」少しは優柔不断なところを見せる天璋院様でした。「小松様はお優しすぎます」帯刀は大久保と違い、甘いのでしょうか?「滝山、でかした!」帯刀を見下ろす天璋院様の目力に、尚五郎さんもダジ...
[2008/09/14 21:47] バレルオーク日記
幕末の動乱の事件が起こる中、今回の物語は少し雰囲気が違ってましたね。が、今回のメインイベントは、やはり天璋院と帯刀(尚五郎)の再会と久しぶりの囲碁ということですけど... 史実に従って進めていかなければならない所が色々とあるため、その色が出ていて、今ひとつ...
あーあ、何だかんだ言って尚五郎ラブな私は、半年振り位に尚五郎(´・ω・)カワイソス連発してしまったわ~。おとうさん@勝海舟はオイシイ役が続いているのぅ。薩摩が幕府に突きつけた勅命の条件は以下の3つ。将軍家茂の上洛薩摩をはじめとした有力外様の国政参加一橋慶...