大河ドラマ「篤姫」 40話 「息子の出陣」【感想】 

京都では朝廷で長州勢が権力を握ろうと蛤御門の変が起こるが
京都は焼け野原になるも、薩摩藩の尽力もあり失敗。
敗れた長州は京都から撤退し、朝廷では長州討つべしとの声が強まる。

和宮懐妊!

かと思ったら、勘違い。
しかし天璋院の気遣いが、和宮と天璋院の中を良好にさせることに繋がった回。
でも和宮はショックだっただろうなぁ。これが歴史的事実かどうか知らないが。
他の和宮のお母さんも、家茂の側室の件を天璋院が断ってくれたことに感謝してたし。
宮中派と大奥の融和が近づいている印象である。


かなり自然に西郷復帰してた。
また小松さんも京都で女を作ってしまったようで。蛤御門の変の後の
薩摩藩の飲み会で藩士が気を利かせて二人だけにしたのには、笑った。

また小松、坂本龍馬との運命的な出会い。
坂本の船中八策では新政府構想の重要人物として上げられていた程
坂本の評価も高い小松。西郷と坂本の出会いの橋渡しでもあるし。
勝海舟とも知り合い、小松の重要性はちゃんと上がってるなぁ。

最後、天璋院、家茂、和宮の3人で写真を撮るのは良かったなぁ
でも家茂が出かける時の(まぁ戦だけど)和宮は落胆するなぁと
まぁ懐妊騒動もあったから余計寂しくなってしまったのだろうね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/10/05 21:19 ] 篤姫 | TB(23) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/453-a8c506f1

「恐れながら、公方様にご側室をお勧めしては如何でございましょう?」 天璋院@宮崎あおいと観行院@若村麻由美に進言する滝山@稲森いずみ。 しかし、「仲睦まじい二人に冷や水をかけてなんとする?」 と、天璋院が滝山を咎めたことから、観行院が親しみを感じるよう...
江戸時代、権威と呼べる存在が2つあった…1つは京都の朝廷。もう1つは、江戸幕府の征夷大将軍である。片方の権威が衰える現状で、もう片方の回復が按配だとすれば皮肉というほかない。年は明け、元治元(1864)年…家茂と和宮は、真に夫婦たりえるほど微笑ましくも睦まじい...
女たちの心の距離が変わって来た頃、 男たちは戦に身を晒す。 第四○話『息子の出陣』
こんにちわ。 というわけで、タイの友人も毎週読んでるという、篤姫レビューでやんす。 なんか風雲急を告げてきてますね。 すでに大奥消滅・徳川崩壊のカウントダウンは始まったかも。 <おさらい> ・西郷(小沢征悦)復活。帯刀(瑛太)は、お琴(原田夏希)と...
家茂に側室をと進言する滝山に対し即座に却下する天璋院{/cat_7/} 安堵する和宮側ですが… 何と和宮が懐妊??? 何とも滑稽な脚本ですね{/m_0070/} 想像妊娠なのでしょうか?? 『母としての喜びを味わって欲しい』と天璋院。 『公武の為でもなく、日本の為でもなく、一...
[2008/10/06 10:44] 函館 Glass Life
大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)薩長の諍いと和宮の懐妊が今回のメインでした。しかしつわりだ...
[2008/10/06 00:37] ビヨビヨ素材日記2
とても充実した話でしたね。笑いあり涙ありと、様々な要素が散りばめられていましたが、全体として流れが素晴らしかったです。新体制になってからの中では、特に印象深い内容でした。というわけで、本日の感想です。今回は和宮の懐妊絡みが本筋でしたが、その流れの中で色...
[2008/10/05 23:23] 山南飛龍の徒然日記
母上さま、宮さま私は、間もなく出陣いたします。長州征伐です。「ふぉとがらふぃ」で、天璋院と宮と3人で写真を撮り終えた後。家茂は2人に、徐に話を切り出す。将軍である自分が京に行けば、長州も退陣するであろうと。そうですか・・・としか言えない、天璋院。和宮は...
[2008/10/05 22:24] 見取り八段・実0段
幕末の動乱のドラマ(今回は「蛤御門の変」)と、和宮の懐妊騒動と、どちらが中心になっているのかというような物語となった今回の物語。前者はドラマ「篤姫」らしくない展開だったが、後者でしっかりとドラマ「篤姫」というところを出していました。でも、今回は銭形愛・...
「蛤御門の変」て私の江戸知識になかったです…(-_-;) 不毛な争いが続いてたんですね。 さぞかしたくさんの建造物が燃えたんだろうなぁ...
[2008/10/05 22:19] 青いblog
「息子の出陣」 西郷さんおかえり~! 二度目の島流し生活に終わりを告げ、ようやく西郷さんが帰ってきました{/bouquet/} で、“蛤御門の変”で早速大活躍したそうですから、島津久光も呼び戻した甲斐があったんじゃないですか? ずーっと篤姫一筋、結婚してからは一応...
[2008/10/05 22:17] ミチの雑記帳
今日は日曜日。。いつもどおり大河ドラマを楽しみましたぁ~~大河ドラマ「篤姫」おかえり~~西郷どんやっと放免に~みんなでぱぁ~~っと宴会だ~と。。そこにべっぴんの芸妓さん尚ちゃん~~琴花はんにヒトメボレたしかに~茶目っ気たっぷりで可愛い人だけど。。その後...
天璋院(宮崎あおい)は、和宮(堀北真希)と徳川家茂のツーショットを陰から見守ります。和宮から冷たくあしらわれても、天璋院は全く気にしていません。 京政界ですが八月十八日の政変も滞りなく終わり長州が失脚しますが、この辺はかなりざっくりいきます。(以下に続...
今回のメインは、小松帯刀でしたね。 蛤御門の変で危機にあった御所を小松帯刀を中心とする薩摩藩が救い、さらに街の人々に米を分け与えるという優しさをみせたということから、彼...
[2008/10/05 22:09] あしたまにあーな
すっかり穏やかな日常を取り戻した家茂と和宮。こちらはまさに今が常春~♪?一方薩摩では西郷さんが久光さまのお許しを得て、ついに島流しから復活!!その祝いの席、琴花と初めて会う帯刀。なんかこの人、かなり機転の利く人のようで、帯刀さんなんだかお気に入りに...
篤姫「息子の出陣{/m_0249/}」 西郷どんは島流しの刑から復帰{/m_0100/}。 薩摩の軍を率いる役についたみたい。 そして、ご家老になった尚五郎。 またこいつのイチャイチャ話でした。 京の芸者、琴花と出会った尚五郎…。 尚五郎って短命かと思ってたけど意外と長生き、?...
時代は激動の幕末なのにぃ 蛤御門の変もダイジェスト版だしぃ、 ワタシの敬愛する 久坂玄瑞はチラッとだけの登場 で自刃シーンもなし!、 高杉晋作は出てたかどうかも不明、新撰組は完全スルーなどなど幕末の最もオイシイところ 全部すっ飛ばしてぇ!!
[2008/10/05 21:48] ぱるぷんて海の家
家茂と和宮のラブラブ度がアップしちょりますvこのご様子ですと、ふたりの間にお子が生まれるのも時間の問題と重野。もし宮様が身籠もれば、天璋院はおばあさま…。20代(30代?)でおばあさま…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル考えたくないッ!薩摩では西郷どん...
2008年『篤姫』第40回。。政治の舞台は京へ。。暴走する長州と薩摩ほか反長州。。穏やかな毎日。。(その穏やかさが喧騒の前触れなのはミエミエですが。。)おばあさま。。 あれ? 名倉? 西郷復活!! 西郷、軍腑役へお取立て? で、その宴席に琴花(原田夏希)。 運...
8月18日の政変、物語が始まる前に終わってました。アナウンサーが「薩摩は長州を京から追放する事に成功」みたいな事を言って終了。だから急ぎ過ぎだって。どうやって追放したのか描いていなかったし。視聴者の中には“長州(と他藩の過激攘夷派)が京を牛耳っていた時代...
[2008/10/05 21:41] 必然的なヒストリー
西郷(小澤征悦)が戻って来ました。久光(山口祐一郎)に睨まれていた西郷でしたが、
[2008/10/05 21:40] くまっこの部屋
NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 裏番の「新日曜美術館」で「横浜トリエンナーレ」をやっているんですよ・・・まだ行っていないんで気に?...
[2008/10/05 21:34] ブルー・カフェ
 第四十回「息子の出陣」誠忠組に、島流しにされていた西郷が帰ってきた。祝宴の席で帯刀は、芸妓のお琴と出会う。そんな中、京都で勢力回復を図っていた長州藩が御所へ突入。「蛤御門の変」と呼ばれるその変事に帯刀ら薩摩藩は幕府軍として参戦。慶喜と共に迎え撃ち、見...
[2008/10/05 21:30] 日々“是”精進!