スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

篤姫 43話「嫁の決心」【感想】 

家茂も死に風雲急を告げる幕府。
天障院、そして和宮は何を思うのか!
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
あらすじ

家茂の死。大奥では将軍後継の話が持ち上がっていた。
幕府首脳は慶喜を押すが、天障院は家茂の遺言通り田安家から継がせようとするが
年少の為国難に乗り切れずとの事。天障院しぶしぶ了承する。
家茂の亡骸が戻り、悲しむ天障院と和宮。特に和宮へは家茂のお土産に
なるはずだった西陣織が届けられ、悲しみが一層増す。

薩摩では小松がお琴と別れると行って京へ支度に出る。
しかし京都へ行くとそのお琴は小松との子供を宿していた。

勝海舟は天障院と対面。勝は家茂の「母と和宮を頼む」という最後の言葉を伝える。

夫を失い悲嘆に暮れる和宮。江戸へいる理由も無くなり京都へ戻る動きになる。
本寿院にその事をなじられるも、天障院は擁護する。
和宮は家茂の死が信じられず髪を下ろせなかったが、ようやく髪を下ろす。
しかしそこへ和宮に孝明天皇死すという衝撃的な報が入る。呆然とする和宮。

京都では小松・西郷・大久保が幕府と諸侯の列公会議を開こうと画策する。
しかし岩倉具視は慶喜は侮れないと言い、結局会議は慶喜に潰される。
この件で西郷・大久保らは倒幕しかないと考えるが、
小松は天障院の事もあってか倒幕はいけないと言う。
また生まれた子供は小松家の長男として育てると決心する。

京へ帰る手はずとなった和宮が天障院の元にやって来た。
快く送ろうとする天障院。しかし和宮は江戸へ残ると言う。何故と天障院。
それは家茂の意志を継ぎたいと言う事と、天障院から強さを学びたい為であった。
そして和宮は天障院を始めて「母上様」と呼ぶ。驚く天障院。
ついに和宮は徳川の人間になる事を決意したのであった。

感想

和宮決心の回。天障院も和宮も夫を失いお互い同じ境遇に立たされた。
しかもほぼ同時に近しい親族を失ってる所も似ている。
その事が和宮にも天障院と同様の決心をさせてるのかもしれない。
でも「母上様」と言った時は驚いた。ちょっと潤みましたね。
また天障院から家定の事を想ってる話が出たのも良かったなぁ。
これで天障院これでと和宮はお互いに今後の困難に立ち向う事になるのだろう。
やっと和宮の成長が見られて嬉しかった。

一方では小松が子供をもうける。大奥の方々とは対称的な位置づけだ。
大奥と薩摩は上手く対称的に描こうとしている印象だ。
ただ髷をしてない小松の風貌にまだ慣れない。髷をしてた方が
真面目っぽい印象を受けるのだが。まぁ仕方が無い。

いよいよ倒幕の動きになっているが、普通の幕末ドラマだと
薩摩は大久保・西郷が中心となって動いているのに篤姫では
小松が西郷・大久保の上に立って動かしている描かれ方。これは新鮮だと思った。

関連記事
[ 2008/10/26 22:18 ] 篤姫 | TB(30) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/505-dabad54b

『嫁の決心』 不幸の先にあるもの。 余りに早い家茂の死に大きな影を落とす大奥。 息子を亡くした天璋院と夫を亡くした和宮。二人の悲しみは日を追うごとに増すばかりだが、悲しみにくれてばかりいられぬほど時代はどんどん流れている。 そんな中、家茂亡き後の将軍に一...
[2008/10/30 13:54] 思い立ったが吉日
 大河ドラマ『篤姫』は、「嫁の決心」。「嫁」というのは、前回夫・家茂を亡くした和宮を指す。  いよいよ慶喜が将軍へ。本来は家茂の遺言である、田安徳川家の亀之助が就任すべきだが、幼少な上に情勢も情勢で、幕府再建の期待を担っての就任となったようだ。  さて...
[2008/10/30 01:23] 銀河後悔日誌
今回は、和宮の言動が見どころになりそうな感じ。大河ドラマ『篤姫』―第四十三話・嫁
[2008/10/29 23:39] いんどあかめさん日記
大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)今回のお話は家茂公が亡くなり失意の淵に立たされる和宮と、悲し...
[2008/10/29 12:04] ビヨビヨ素材日記2
将軍家茂の死-----------------。意気消沈の天璋院。涙に濡れる日々。和宮もまた泣きの日々。今回はかなりしんみり、悲しい雰囲気に包まれた「篤姫」でございます。だが老中松平が次の将軍には慶喜をと推挙してきたのだ!!幕府は今や、たったひと藩である長州をも倒せぬ...
承前:NHK篤姫(42)徳川家茂・なにわの死  和宮さんは夫の家茂がなくなると、髪もおろさず都に帰ると天璋院に伝えました。  しかし数日後、落飾されました。  これは本寿院の「身勝手なことです」とのセリフに、和宮さん、考えるところがあったのでしょうか。  京都か?...
[2008/10/28 07:16] MuBlog
徳川家茂@松田翔太の急死を嘆く天璋院@宮崎あおいと和宮@堀北真希 落飾し、天璋院を「母上」と呼ぶことで、徳川家の一員となった和宮改め静寛院、 そんな静寛院を微笑ましく感じる天璋院 冷戦状態だった二人が、初めて親しく歓談する様子が微笑ましかった 宮崎あお...
家茂が亡くなってしまい、和宮が京都に帰るとか髪を下ろすか下ろさないかですったもんだな大奥だけど、時代は確実に動いているんだよって回です。 小松さんは気がついたらパパになっておりましたw 奥さんのお近さ
[2008/10/27 22:22] ニセ吟遊詩人@放浪記
家茂が亡くなり、大奥に戻ったのは 和宮への土産の 西陣織だけ。 どんなに豪華な品よりも、生きている家茂に 帰ってきてほしかったのに・・。 悲しみの涙にくれる 和宮です。 なくなる命があれば、生まれる命もあり。 京に戻った 小松帯刀、抱いてあやしているのが ...
[2008/10/27 21:41] 風のうわさ
 「母上様は、ワタクシと同じですね。」 今回のホロリシーンは、このラストの数分。かけがえのない夫を失い息子を失い、嫁と姑は歩み寄ったと言う所でした。 失ってしまった夫を思い続け、だからこそ頑張れると思う篤姫。その篤姫に「母」と呼びかける和宮。 母を失い?...
[2008/10/27 21:14] 森の中の一本の木
どもす。 家茂の死のあとも、徳川家は波乱の様相でございます。 <ダイジェスト(ライト)> ・家茂の死で悲嘆に暮れる天璋院(宮崎あおい)、和宮さん(堀北真希)。 ・和宮さんたちは、京に帰ることに。 ・そこによせばいいのにつまらんツッコミを入れる本寿院...
今日は日曜日。。いつもどおり大河ドラマを楽しみましたぁ~~大河ドラマ「篤姫」公方さまのご遺体がやっとお戻りに~。。そして和宮ちゃんへのお土産の西陣織も。。ただただ。。涙。。涙。。の和宮ちゃんでした。。抜け殻みたいになっちゃってぇ。。おまけに都の天皇が亡...
女たちの嘆きと止まらない時代の歩み。 第四三話『嫁の決心』
★篤姫の生き方  天璋院(宮崎あおい)は和宮(堀北真希)に言う。  「自分の定めた道を全うする」  これが彼女の生き方だったんですね。  「徳川家を守りたい」と言って死んでいった家定(堺雅人)。  その遺志を継いで生きることが自分の定めた道。  現代は選択肢...
[2008/10/27 12:21] 平成エンタメ研究所
ようやく列侯会議を開催できましたね{/abanzai/} 帯刀・西郷・大久保らの力でしょうが一番望んでいたのは 竜馬だったのかも知れません{/onigiri_2/} 列侯会議は別名四侯会議とも言われていますね。 有力大名経験者3名と島津久光を加えた4名の合議体制で、 将軍や摂政への?...
[2008/10/27 10:17] 函館 Glass Life
京の天皇家から江戸の武家へ嫁いだ和宮様。家茂公とは中睦まじくなられたものの、自分
[2008/10/27 07:48] 食う♪読む♪歩く♪
篤姫「嫁の決心」 21歳って早ッ。 今日は泣きのシーンが多かった。 天璋院も和宮も泣いてばかりじゃ。 家定の時にみた大きな長方形の棺が再登場。 棺を見て泣き。 京土産の西陣織を見て泣き。 家茂の回想シーンで泣き。 家定、家茂、それぞれの意志を果たすことをこれか?...
 第四十三回「嫁の決心」家茂の死を知らされ悲しみに暮れていた天璋院は、和宮が落髪することなく京へ帰るつもりでいると聞き、真意を問いただす。和宮は、徳川家も大奥も自分にとってはどうでもいいと語る。一方、薩摩では帯刀が久光の命を受け、京へ向かう準備をしてい...
[2008/10/27 03:44] 日々“是”精進!
『嫁の決心』内容将軍・家茂(松田翔太)が死んだ。悲しみに包まれる大奥。天璋院(宮崎あおい)和宮(堀北真希)らも、ただ泣くしかなかった。そんななか、老中・松平康英(佐藤正宏)から申し入れがある。次期将軍は、一橋慶喜(平岳大)で、決したと。大混乱の幕府、天...
「篤姫」オリジナルサウンドトラック吉俣良PONYCANYON INC.(PC)(M)このアイテムの詳細を見る いや~一週間が経つのって早いですね~年を取るほどに早くなるみたいですが・・・ホント思いますわ(><)☆ んで先週「家茂」が亡くなった・・・事実を今の今まで忘れてたりし...
[2008/10/27 00:22] ブルー・カフェ
山内容堂が初登場。桂小五郎と同様に無名役者がキャスティングされていました。しかも役者の名前が「今“拓哉”」って・・・。完全に名前負けしているこの役者さん。興味が沸々と出てきて、この人の経歴を調べている間に45分が経過し物語が終わってしまいました。なので今...
[2008/10/26 23:52] 必然的なヒストリー
14代将軍家茂が亡くなり、大奥の皆が悲しみに暮れています。和宮にとっては何が何だかわけがわからない状態みたいです。和宮はただただ家茂の死が悲しくて寂しいだけで、それ以外のことが手につかない、考えられないだけの状態なのですが、京方が京に帰る支度をしている...
[2008/10/26 23:34] さくら色通信
和宮に近しい人達が次々と逝ってしまいましたね。哀しみに沈む間もなく、母・夫・兄を亡くした心境は如何ばかりでしょうか。思えば随分と淋しくなったものです。髪をおろすことさえ出来ず、茫然自失となってしまうのも分かる気がしますが、唯一の救いは天璋院と気持ちを通...
[2008/10/26 23:27] 山南飛龍の徒然日記
いよいよ風雲急を告げる幕末維新の始まり!! と云うのに、江戸では21歳にてご逝去された公方様を偲び悲しむ女達! 薩摩では妾のお琴問題で盛り上がるって 何じゃこの ノーテンキなホームドラマ! それでも時間の大半を大奥や薩摩の生活中心に描いていても、最後...
[2008/10/26 22:58] ぱるぷんて海の家
私が御髪を下ろさずにいるのは公方さまが亡くなられたことが未だに信じられないからでございます。嗣子らは、そう望んでおります。私が京へ帰らぬと申したら、あの者たちは生きる望みを無くしてしまいます。どうでも良いのです。今の私には幕府も徳川家も大奥ももうどうで...
[2008/10/26 22:53] 見取り八段・実0段
きっとクライマックスに向けて最後の準備期間ともいえる歴史の動きがあまり多くない人々の心を描いた話でした。家茂が亡くなって悲しみに沈む和宮は、なかなか家茂が亡くなったこと...
[2008/10/26 22:51] あしたまにあーな
帯刀、総髪にしてビミョーになった上に更にあんな事まで!許せーんヽ(`Д´#)ノ!!!!!(´・ω・`)ショボーン顔が似合う私のヘタレ尚五郎を返せー!!ハァハァ…取り乱しました。スミマセン。ポジティブシンキングの固まりでもあるあっつーでさえも、やはり息子の死は堪え...
家茂の死を受けて、世の中の方は一気にことが動いたのだが、今回の物語は大奥のホームドラマとしてじっくりと描いていて、世の中の動きの方は完全に堂でも良いことのようにすっ飛ばしていましたが、本作の作風であれば、当然ですね。で、天璋院と和宮がしっかりと繋がるこ...
「嫁の決心」 遺言さえ守ってもらえなかった家茂が悲しい{/m_0211/} 慶喜のことをあんなに嫌がっていたのに・・・。 長州征伐の先頭に立てるのは慶喜しかいなかったんでしょうかね、やっぱり。 15代将軍になった慶喜は、京都の二条城でまつりごとを行います。 これには大...
[2008/10/26 22:32] ミチの雑記帳
次の将軍が一橋慶喜と聞かされた天璋院(宮崎あおい)は、家茂の遺志と違うと怒ります。家茂は田安亀之助を跡目に定めていますが、大御台様の迫力に老中もタジタジです。ただ、長州との戦争で幕府の敗北が濃厚と聞けば、天璋院も三歳の将軍では無理だと納得します。(以下...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。