FC2ブログ

篤姫 46話「慶喜救出」【感想】 

徳川慶喜、江戸へ逃げ帰る。天璋院はどうするのか!
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
感想

慶喜と天璋院の対峙。
今まで家定の将軍後継では極めて近い関係にあったのだが
結局は性格の問題もあって不仲になってしまった二人。

そんな慶喜に対し、しかも逃げ帰ってしまった彼に
天璋院は「家族」と呼び守らなくてはならないという。
これが歴史的に実際あったかどうかはともかく、
これを言われた慶喜は嬉しかったのでしょうね。

最近、天璋院に対しては好意的な人も多かったので
不仲関係の相手と話すのは久々だったので場面には緊張感があった。
そして「家族」という言葉を家定の妻、天璋院 家茂の妻、和宮、そして徳川慶喜。
この3人が揃った場で言わせるという所がこのドラマの上手さだなぁと感心。

薩摩では小松がいよいよ自ら怪我を押して京へ上洛する事に。
彼の胸中には坂本龍馬の想いと天璋院の想いでいっぱいなんだろう。
怪我が気になるなら、乗り物で行けば良いのに、徒歩ですか・・・。
というツッコミは無粋なのだろうか。
後は天璋院の実兄のおとなしくなりぶりには感心してしまった。
最初はバカ兄貴で描かれたいただけにその成長振りには驚かされる。

勝海舟が全権に、彼の策とは・・・(無欠開城なんでしょうけど)

そして次回予告にビックリ。幾島ではありませんか。
彼女の声が聞こえてきただけで潤んでしまいました。
どうやら天璋院の使者として西郷の元に飛び立ちそうです。
幾島の働きに凄く期待して、次回を待ちます。
関連記事
[ 2008/11/16 23:00 ] 篤姫 | TB(28) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/535-5e4c9571

久々にトラックバックを送るつもりで書いています。篤姫ファンの方は不快でしょうから削除なさってください。あと「削除したのにトラックバックをまた送った」らごめんなさい。トラックバックの記録などとらないので。 さて 「篤姫」を見ながら書いています。僕は徳川慶...
王政復古の大号令で、幕府の廃止と天皇親政が宣言される 今回も、徳川慶喜@平岳大は、公方様と呼ばれてましたが、 実際は、もう征夷大将軍を罷免されてしまってるわけです。 しかし、徳川慶喜が日本の1/4以上の土地と人民の領主であり、 未だ徳川を支持する親藩...
篤姫「慶喜救出」 慶喜殿ですか?。 天璋院「つかみどころの無い方かと存じます。わたくしも好きにはなれませぬ。」 徳川軍一万五千、薩摩軍は五千。 西郷「徳川軍をば迎え撃つ。」 大久保「戦は兵の数にあらず、大儀を掲げた者が勝つ!。」 日本を変える為、徳川と戦を...
NHK大河ドラマ「篤姫」第46話~慶喜救出とうとう鳥羽伏見の戦いです薩摩の兵が錦の御旗を掲げて徳川勢は総崩れ・・・はわかっているのですが、まったく戦シーンがないのは何故数年前の大河であれだけ組!が激しく戦ったのに(源さ~んっ)、篤姫ではほぼナレーターで...
[2008/11/17 23:50] うさうさ日記
「慶喜救出」って危機一髪の救出劇を楽しみにしていましたが、慶喜ったら自分だけこっそり逃げてるだけじゃん、もしかして篤姫の命乞いの嘆願書が救出?もともと島津のお父様からのミッションで次期将軍は慶喜!と頑張ってきた篤姫ですが、何かの折のご対面で(もう忘れち...
[2008/11/17 22:29] さくら色通信
慶喜、狙い打つぜ! というわけで、錦の御旗を見てビビり、大阪城から逃げ帰った慶喜に、天璋院さまがキツーいお説教でごわすw。 別冊歴史読本 天璋院篤姫ガイドブック (別冊歴史読本 14) ¥1,575 Amazon.co.jp <ちょっとしたまとめ> 大奥はまたも?...
残り5回…今回の天璋院様の言葉に圧倒されました!終盤に来て尚テンション上がる展開持ってくるなんてね~!慶喜は一言で言えば“掴み所のない男”たとえ好きになれない男でも、公方様に代わりはないわけで…。その慶喜は京に入ろうと躍起になっているが、薩長軍も慶喜を...
『錦の御旗』と避けなければならない戦(いくさ)。 そして守るべき徳川夙。 第四六話『慶喜救出』
 今回は慶喜(平岳大)の話。  「とらえどころのない人」と天璋院(宮崎あおい)に評されていましたが、歴史的評価も分かれる人ですね。  この作品「篤姫」では『心が折れてしまった人』として描かれた。  慶喜は尊皇を思想とするプライドの高い人物。  そんな彼が「...
[2008/11/17 13:08] 平成エンタメ研究所
<上に立つ者の苦さ辛さ!>「頼るべき相手は天璋院様です」勝と天璋院の絶妙の連携プレーです。「さあ、こちらへ」すでに慶喜様はすっかり天璋院様の飼い犬の様になってしまっていました。「歴史はときどき惨いこと」「縁もない相手に打たれる方がいっそ惨いと思います」...
[2008/11/17 12:48] バレルオーク日記
今年も最終回に近づき、大河ドラマも歴史中心で煮詰まってきましたねぇ。そうなると裏舞台の大奥より、歴史の表舞台の人々が中心となり、同時に主人公の出番も減って来る。主人公見たさに観てる視聴者は面白くなくなる。またホームドラマとしてのクオリティも落ちてくる。...
[2008/11/17 10:35] ぱるぷんて海の家
坂本龍馬が暗殺されてからタガが外れた感じですね{/cat_6/} 特に西郷隆盛は討幕に向けて一心不乱に突き進む覚 悟の様です。 何かにとり付かれた感じです{/baikin_1/} いよいよ鳥羽伏見の戦いが始まりました{/v/} 戊辰戦争の最初の戦いです。 賊軍となった幕府軍に勝ち目?...
[2008/11/17 09:33] 函館 Glass Life
今日は日曜日。。いつもどおり大河ドラマを楽しみましたぁ~~大河ドラマ「篤姫」戦が始まる兵の数では圧倒的な徳川勢でしたが。。薩摩長州勢には錦の御旗が~~と。。言うことは。。徳川は朝敵となった訳で。。それを見た慶喜は。。自分の部下を置いてけぼりにしてとっと...
第四十六回「慶喜救出」天璋院と静寛院は大奥で寂しい正月を迎える。2人の願いもむなしく、大坂では慶喜が薩長軍討伐の兵を挙げようとしていた。西郷らも幕府軍を迎え撃つ準備を京で整え、ついに開戦。薩長軍は、岩倉が準備した錦の御旗を掲げる。朝敵となった幕府軍は総...
[2008/11/17 03:44] 日々“是”精進!
錦の御旗。このまま朝敵として徳川家は追い詰められてしまうのか!??新しい年が明け、徳川にとって運命の年がやってくる!!寂しい年明けに、和宮は慶喜はどんな人なのかと天璋院に尋ねる。掴みどころがない人。はっきり苦手という天璋院。でも慶喜ってばバカだから...
とうとう、薩長軍と徳川家の戦いがはじまりました。俗に言う「鳥羽・伏見の戦い」ですが、この戦いはわずか4日で勝負を決してしまうほどその勢いの差は歴然としたものだったそうで...
[2008/11/17 00:27] あしたまにあーな
天璋院と慶喜の対決が見所の回でしたね。鳥羽伏見の戦いに敗れ、ひっそりと江戸へ戻ってきた慶喜。慶喜が頼ったのは勝海舟その人。しかし、その勝が勧めたのが天璋院。そして、ついに2人は対面することに・・・大まかな流れはこんな感じでしたが、久々に天璋院の器の大き...
[2008/11/17 00:24] 山南飛龍の徒然日記
大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)今回のお話は鳥羽伏見の戦いで徳川幕府が薩摩の策に嵌り、朝敵...
[2008/11/17 00:19] ビヨビヨ素材日記2
徳川慶喜が錦の御旗を見るやいなや、何もかもを放り出して大坂城を脱出した今回。徳川軍は総大将を失って右往左往する羽目に。水戸家出身の慶喜からすれば、いくら形式上といえども朝廷を御輿に担いだ薩摩には逆らうわけにはいかないわけで。慶喜が取った行為というのは客...
[2008/11/17 00:03] 必然的なヒストリー
薩摩を討伐する目的で兵を持って京へ入った幕府軍だったが現れたのは朝廷軍の証である「錦の御旗」を掲げた軍。幕府は、いつの間にか朝敵になったのだった。ショックを受けた慶喜は、軍を京に置き去りにし、側近だけ連れて江戸へ戻ってきてしまう。江戸に戻った慶喜に拝謁...
[2008/11/16 23:45] 見取り八段・実0段
戊辰戦争の火ぶたが切って落とされた物語だったが、戦に関しては完全に語りで済ませたため、何だかんだでホームドラマという形は死守されましたね。そして、それぞれポジションもしっかりと守られていたので、本当に慶応4年(=明治元年)ということを完全に忘れさせてくれ...
年末に近づくにつれ、紅白につぎ込むためか、予算のなさがあらわになっていくのも大河ドラマの醍醐味でしょうか。wikiで調べると、篤姫の一話あたりの予算は近年ではかなり安上がりだそうです。合戦シーンが少な
[2008/11/16 23:38] ニセ吟遊詩人@放浪記
ついに 戦が始まります。 鳥羽伏見の戦いが、戊辰戦争につながっていくのですね。 敗走した慶喜をめぐって、大奥は またもや騒然となります。 特に 本寿院の あわてぶりと 過激な発言は、あいかわらずですね~。 いや、笑っている場合じゃない 深刻な事態なのですが...
[2008/11/16 23:35] 風のうわさ
「慶喜救出」 早いっ! 進み方が早くて、自分の頭の中にある幕末(ほとんどが新選組関係)がどんどんすっ飛ばされているので脳内補完がたいへんです。近藤勇が狙撃されて~、源さんが命を落として~、斎藤一がうぉーって官軍に斬りかかっていって~、江戸へ向かう船の中?...
[2008/11/16 23:29] ミチの雑記帳
~慶喜救出~
[2008/11/16 23:22] 悠雅的生活
篤姫 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 遂に戊辰戦争の発端となる鳥羽伏見の戦いです。しかし、このドラマは「大奥目線」なのであくまでも「聞いた話によると」な扱いでしたねぇ・・・う~~ん{/m...
[2008/11/16 23:16] ブルー・カフェ
『慶喜救出』内容戦いの足音が聞こえる中、大奥は、将軍がいない正月を迎えていた。そのころ大坂の慶喜(平岳大)は、京へ向け軍を進めることを決断。一方、多勢に無勢の迎え撃つ薩摩軍であったが、幕府軍よりも先に仕掛けるのだった。。。それは『錦の御旗』朝敵となった...
篤姫ですが、天璋院(宮崎あおい)と静寛院宮(堀北真希)は時の人・徳川慶喜(平岳大)について噂話に花を咲かせます。宮は「良い噂も悪い噂も聞きます」と言いますが、家康の再来から豚一まで慶喜の仇名はたくさんあります。(以下に続きます)