FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

魔法少女リリカルなのはStrikers 6話「進展」 

snapshot20070508063528.jpg

6話はちょっと癖があったけど、これはこれで可愛いなぁとか思ったり。

なのはシリーズ。ファンだけど今期の話に関しては少し批判的な立場を取りたい。
それはStrikersの話に引っ掛かりが無さ過ぎる点と、
設定の語り倒しに終始してて、キャラクターのドラマが無い点。

要は新キャラの扱いっていうか。
今期は、なのはやはやてで話を転がせないので、
一話では新キャラに焦点を当てようとしたように
見えたのだが、その後特にそういったことも無く、
今後の話を牽引できる可能性を出し切れていない気がする。
あと新キャラたちは葛藤が無く、旧キャラたちは
非常に馴れ合っているいる印象しかなくて今一な感じ。
つまりキャラ同士の関係でこれは面白っていう部分が見えない。
これが引っ掛かりが無いって言う事に繋がると思う。

設定の語り倒しについて。
なのはが受けたのは魔法少女モノと謳っておきながら、
中身がガチンコ燃え萌えバトルにだったギャップだと思う。
ただこのバトル路線が受けたので、世界観や設定まで許容されたと
考えたかのしれないが、少し安易に頼りすぎたのではないか。
設定が魅力的になるのは、キャラクターのドラマが生きてこそだと思う。
具体的にはヴィータがスバルやディアナに戦闘の方法を教えて
もらっているが、それが今後のお話に生かされるかどうかなだけ。
正直あんまし生かされない気がするから、こういう事書いてしまう。

どの作品でも続編というのは、前作よりインフレ的な設定になる。
A'Sの時はこのインフレを統御できてたかもしれないが
Strikersはバブルになりかけで統御できてない気がする。

ま、今後に期待ですな。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/6-26147ee0

アニメディア 2007年 05月号 [雑誌]初任務を無事、成し遂げたスバル達。さらなる成長を目指し、特訓に励むのですが・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。