スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【アニメ】蒼天航路 2話「アモーレ」【感想】 

爆裂団を率いて都を暴れまくる曹操。
そんな彼はふうと入った店で水晶という西側の胡族の女と出会う。
曹操と水晶はお互いの愛を育みあうが・・・

しかし水晶は当時の権勢者である宦官の張譲に売り飛ばされるのだった。
水晶を助けに曹操は単身、張譲宅へ乗り込むのだった。

曹操と張譲は口戦し、水晶は引き下がってと曹操に言うのだが
「アモーレ」の一言が水晶の本心を開かせる。彼女は曹操に思いを打ち明け
張譲に切りかかるが、頬を掠めただけに終わり、彼女は衛兵によって殺されるのだった。


蒼天航路における曹操が最も愛したであろう水晶との話。
やはり「アモーレ」の言葉は蒼天航路の世界で象徴的な言葉だ。
若い曹操の純粋であるが愚かでもある人物像が浮かび上がってくる話だ。

原作では張譲が水晶に迫るシーンではバイブを持ってたけど、
流石にそれは映せないなぁ。台詞もかなりやんわりになっていた。
曹操と水晶のセックス描写も当然カットという事で(匂わせてはいたが)
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2009/04/15 23:45 ] 蒼天航路 | TB(6) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/646-fa30a7b0

蒼天航路 (5) (講談社漫画文庫)クチコミを見る 爆裂団を手下に従えて洛陽に戻った曹操は、盗賊狩りを繰り返す日々。その洛陽では、曹操の祖父・曹騰の引退後、中常侍の最高位に就いた張譲が、絶大な力を振るっていた。政府の高官を夢見る袁紹は、曹操に爆裂団と手を切?...
蒼天航路 (1) (講談社漫画文庫)(2000/12)李 学仁王欣太商品詳細を見る 「蒼天航路」の原作は何度もは読みましたが、最後に読んでから1年近くは経...
[2009/04/16 17:56] 破滅の闇日記
  アモーレ!! アモーレ!!   蒼天航路 第2話 「アモーレ」 の感想です。 爆裂団を手下に従えて洛陽に戻った曹操は、盗賊狩り...
前回から三ヵ月後…… 若い頃の袁紹が……
[2009/04/16 05:26] 深・翠蛇の沼
蒼天航路 第2話「アモーレ」曹操の恋胡人である水晶との恋のゆくえは?公式HPより爆裂団を手下に従えて洛陽に戻った曹操は、盗賊狩りを繰り返す日々。その洛陽では、曹操の祖父・曹騰の引退後、中常侍の最高位に就いた張譲が、絶大な力を振るっていた。政府の高官を夢...
[2009/04/16 01:22] SOLILOQUY
 胡人の水晶がかわいくて健気でした。三国志でなんでアモーレなのかと思いましたが、確かに今回はアモーレですね。曹操の性格がよく分かるいいお話だったと思います。
[2009/04/16 00:33] つれづれ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。