FC2ブログ

自戒~最近の自己のアニメの見方について~ 

最近、自分の日記を見て思ったこと。

それはアニメを見て深く考察し、自分なりに良い意見が出てくる事が無くなったこと。
深く考察できる作品に出会っていないのもあるかもしれないが
考察までに頭を回せないのが最大の理由。

アニメを見る事は癒しであり快楽であるのは間違い無いのだが
それだけでなく、映像における物語のあり方、今のオタク的表現のあり方
生きるためのモチベーションまで視野に入れながら見ていきたい。

そんな想いを込めてブログを書いていたのだが、その目的にはほど遠く
今ではブログの更新維持で手いっぱいなのが現状である。

現実の生活で大きな問題が直面すると、そちらに力を入れないといけない。
特に平日はアニメを見るだけで、終わってしまっているのが現状。
現実で癒しを得るために、アニメを見てただ消費しているのが現状。

14年前、エヴァに出会い、アニメという表現の可能性に誘われ、
そして12年前、ウテナに出会い、完全にアニメという映像表現の魅力に取りつかれた。
ウテナ以来、アニメをずっと熱心に見続けてきたと思うわけだが
今はエヴァやウテナの頃のように本気・熱心にアニメを見ているのだろうか。
アニメに対して本気で向き合っているのか。
そんな思いが頭の中でもやもやとして存在していた。

昨日の夜からそんな抱えていたもやもやを解消するために、いっぱいアニメを見た。
そしてやはりアニメは楽しい。面白い。魅力的である事を再認識できた。

「感想こそ最も難しい」と好きなサイトの方が言っていた。本当にそう思う。
それは相手に自分の気持ちを伝える事が難しいからである。それでも、

何より、自分が納得する感想を書きたい。
そして自分の想いが伝えられる感想を書きたい。

という初心に帰り、記事を書いていきたいです。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2009/10/29 21:23 ] ニュース | TB(0) | CM(4)
私のブログにもコメント頂きとても嬉しい気持ちでいっぱいです。

私も、一周年を前にして振り返ったとき。
本当に思いを残したいという気持ちの記事がないことに気付き、
今期からは感想を書きたい作品しか書かないようにしました。
それが読まれもしない過去の作品の記事であっても、惹きつけられる要素のある作品からohagiさんのおっしゃる 「モチベーション」 を保ちたかったからです。

「しあわせは 歩いてこない だから歩いて ゆくんだね」 と水前寺清子が歌ったように、良いと思われる作品は自分で探さないと、見つけ出さないといけない。

新しく輩出されるアニメを追っかけてるだけではダメだと・・・。
長くなりましたが、同じ気持ちだったのでつい語ってしまいました。すいません。

私は、ohagiさんに追随して「失われた何か」を模索し続けたい。
その為には、ブログを続けて行く事。その価値を早く見つけたいと思います。

[ 2009/10/19 10:29 ] [ 編集 ]
ブログタイトルに込めた想いまで看過されてしまいましたね。流石です!!
今まで「アニメが手に入れたもの、失ったもの」は何なのかを
書いていこうとしたのが、このタイトルをつけた理由ですね。
あとは良い作品と出合い、それを記憶に留める為に書くというのもあります。

本数の多さに翻弄されてしまうことがあります。
だからといって、自分の立場を失っては意味がありません。
文章の技巧的な部分を含め、なんとか想いを伝えられるようにしたいです。

大日本技研様には色々教わる事が多いです。今後も掲示板等でよろしくお願いします。
[ 2009/10/20 00:58 ] [ 編集 ]

な、何をおっしゃっているんですか。教わるのは私のほうです。

掲示板を設置したのは、アニメ感想ブログというカテゴリの中で
何が出来て、何が表現出来て、何を伝える事が出来るのか?
その結論ではなくて、きっかけを少しでも掴みたかったからです。

ohagiさんの知識や教養、そして才能。
それは誰もが持ち合わせているものではないと思っています。

私の掲示板に参加していただき感謝しております。
記事や意見を通してohagiさんから学ぶべきことは多いので
これからもよろしくお願い致します。

[ 2009/10/20 10:39 ] [ 編集 ]
>アニメ感想ブログというカテゴリの中で何が出来て、何が表現出来て、何を伝える事が出来るのか?

これは私も同じ想いですね。
選んでこのカテゴリで活動しているというところもあるので。

掲示板は意見を交わせるというのが良いですね。
昔のネットの交流を思い出しました。
こういう機会を設けて頂き、ありがとうございます。
[ 2009/10/21 06:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する