FC2ブログ

アニメアールという作画スタジオ 

「蒼き流星レイズナー」を見返す。
いつみてもアニメアールの作画は、今見ても色褪せない。

アニメアールは大阪にあるアニメの作画を請け負う会社。主催者は谷口守泰。
吉田徹 沖浦啓之 逢坂浩司 黄瀬和哉 木村貴宏 小森高博といった
アニメーター達を輩出し、今でも多くの作品の作画を請け負うスタジオである。
レイズナーでは谷口守泰がキャラクターデザインを担当し、
上記のアニメアールのスタッフが作画に大きく関わっている。

大阪に住んでた時、1回スタジオの前まで行ったこともあり、
多くの作品の原画が生み出されていると思うと興奮もした。
正直、入りたかったが迷惑になるので止めました(当たり前の話)

レイズナーは1985年製作で、絵柄やフォルム、アニメートの表現は古臭いかもしれないが
それ以上にアニメに対するほとばしる情熱が切実に感じられる。
80年代のアニメは今より若いが、それだけに大きな進化を経ていたのがわかる。

古いと言ってしまったが、この頃の谷口守泰の絵は本当にクールでカッコイイ。
特にキャラの横顔のフォルムが素晴らしい。
当たってないかもしれないが、出身者である沖浦啓之や故逢坂浩司の絵には
谷さんの影響が確実にあると思う。

また現在、手書きからCGに移行しつつあるロボットアニメであるが
手書きの良さを存分に発揮しているのが、レイズナーのメカ作画だろう。
おそらく手書きのロボットアニメは今後絶滅品種になるのだろうが、
レイズナーは良きロストテクノロジーの見本の一つとして残っていってほしい。

手書きの良さは情熱が線一本一本から伝わる所だ。
CGは緻密で細かい線も表現できるが、熱意がなかなか伝わりづらい。
今後はそうした部分も改善されるだろうが、動く絵の魅力としては
まだ手書きの方に軍配が上がると思っている。

ともかく、全盛期のアニメアール作画はほとばしる情熱が
見事なほど見る側にダイレクトに伝わり、心地よいのだ。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
「レイズナー」でのアニメアールの作画の価値は今後、ブログ主さまのような、当時を本当の意味で知るせつなる声の集積によって評価されていくことと思います。

「ドリームハンター麗夢」のブックレットにおいて毛利さん、沖浦啓之さん、逢坂浩司さ、小森高博さん、柳沢まさひでさんらのアニメアール黄金期メンバーのインタビューが収録されていますが、みな一様に谷口守泰さんのキャラクター造形からの影響を口にしています。
特にキャラクターの横顔を描くときに、谷口さんの遺伝子が反映されるとのことです。

メカ作画のルーツに関しても、毛利和昭さん、沖浦啓之さんが興味深い見解を示しています。

ボトムズアライブにおいての谷口守泰さん、吉田徹さんのインタビューとともに当時のアールウォッチャー必読かと思います。

さらにコアな内容ですとヒロインステーション誌の毛利和昭さんインタビューに詳細を極めます。
[ 2009/12/08 14:28 ] [ 編集 ]
この記事にコメがつくのは超感激です!!
谷口さんはデザイン的ともいえる横顔ですね。あれは本当にかっこいいです。
逢坂浩司さんや小森高博さん、沖浦さんにも横顔の描き方に影響を感じられます。

>ボトムズアライブにおいての谷口守泰さん、吉田徹さんのインタビューとともに当時のアール
>ウォッチャー必読かと思います。
>さらにコアな内容ですとヒロインステーション誌の毛利和昭さんインタビューに詳細を極めます。

読んだことが無いので、読みたいです。
[ 2009/12/08 20:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する