FC2ブログ

自殺について 

アニメ以外の話題もたまには・・・

年間3万人以上の自殺者が10年以上続いている日本。
10年で30万人と計算すると、地方の県庁所在地レベルの市の人口が
いなくなったとも例えられるだろう。こう考えるととんでもない事でもある。

私が思うのは自殺の影響は自殺者だけにとどまらない。
親・配偶者・子供・友人・職場関係、人間はさまざまな関係によって生きている。
残された人々の数を考えると、自殺者の数倍以上の人に影響しているはずだ。
さらに噂や風評も広がるだろうから、伝言ゲームで知ってしまった人を合わせれば
さらに知る人間は増え、社会不安が蔓延してしまうのも仕方のないことだ。

日本の自殺率(人口10万あたりの自殺者数)は世界で8位とされる。
他上位7カ国は旧共産主義国(中欧・東欧)である。
自殺率だけ見て、旧共産圏の次に日本が来る意味を考えるなら、
日本は市場原理の国家というより社会主義国家に近いのかもしれない。

日本での自殺理由は経済苦によるものが多い。
いかに日本がお金の価値観しか持てなくなった事が浮き彫りになっている。

1回でもドロップアウトしてしまうと、這い上がれない社会になってしまった事。
貨幣収入という一経済側面的な価値観でしか社会経済が発展していない事。
自殺という行為を抑える、倫理的・宗教的な価値観の弱体化。

1998年以降、リストラが一般化し派遣社員の増加等、雇用の流動化は進んだ。
パソコンの普及は仕事を便利にしたが、パソコンに使われている錯覚すら起こす。
要は仕事に対して、誇りを持ちづらくなっている状況が続き、
定職に就く事の安定性は失われ、サバイバルな環境に置かれている。
そしてそのサバイバルゲームで生き残れないものは・・・という社会になりつつある。

さすがにこの自殺の多さに対して、国・自治体・NPOが取り組みを始めているが
小手先の改革では、多少の効果はあっても本質の改善は期待できないだろう。

本質的には経済苦→自殺が多いのだから経済苦→自殺という価値観を変えるしかない。
経済が苦でも生きられる仕組みを作り、それを助けていくネットワークの構築
そして経済が全てではないという価値観を醸成するしかない。
一夕一朝でできることではないので、徐々にやっていくしかないであろう。

デュルケームという社会学者は「自殺論」を上梓したが
自殺の要因は個々の問題ではなく社会にも問題があると分析した。
特に社会秩序が乱れる時に起こるアノミー的自殺を位置づけた事は、
今の現代社会の問題を端的に表しているといえるだろう。

自殺の問題は無くなる事はないが、減らす事はできる問題である。
豊かな社会と言われる先進国日本で自殺が多い事。
豊かさとは何なのかを考えさせられる問題でもあるし、
宗教からも遠ざかる今の日本において自殺を減少させる事ができるのだろうか。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2009/10/29 21:28 ] ニュース | TB(0) | CM(2)
ohagiさん、お久しぶりです。
怪我も治り、また帰ってきました。ご心配をおかけしました。

ちょっと立ち寄ったのですが、この話題をみて思わずコメしたくなったので・・・

3万人といつも公表されていますが、実際はそれよりも遥かに多いです。
行方不明者などその中には含まれておらず、実際のところは低く公表されています。

実際は、5万~10万人とも言われているようです。
失業率も、実際は10%ぐらいとも言われている社会だし
(失業率は、パート、派遣は含まれてない)


ohagiさんが言う、1回でもドロップアウトしてしまうと、這い上がれない社会になってしまった事が原因はズバリ。
一度、はみ出してしまった人にはなかなか受け皿がないのが現状です。

その1つに、この国の新卒至上主義。
こんな事をやっているのは日本ぐらいです。

新卒を逃すと、求職者はかなり辛い立場になる。
そして、新卒で入っても、社会のギャップを感じ離脱。

そういう人たちにとって、受け皿が少ない。なので、人は派遣などの道を選ぶ。
だけど、派遣はセーフティーネットがなく、将来的にデメリットの方が多い。
さらに、横のつながりがなくなってしまうのが痛い。

そうなれば、相談出来る相手がいなくなり、どんどんと孤独になっていく。

就職難というのが、自殺者を増産していると思う。
経済苦より、人間関係気薄の方が自殺しやすい状況を作ってしまうような気がする。

社会がもっと受け皿を増やして、働きやすい社会を作ってあげれば、自殺者は少しは減ると思う。

若者ばかり触れたけど、高齢化社会になってこれからは、高齢者の自殺というのもどんどん増えていくと思う。

これだけじゃないこの国の疑問点。
怖い社会ですね。少々長くなってスイマセンでした。
[ 2009/10/31 22:58 ] [ 編集 ]
アキ様。お体、回復なされてなによりです。今後も寒い季節になりますのでお体にご自愛ください。

未遂や行方不明、そして断定できない死亡を含めると多くなるのは知ってました。
ただ公式発表数が出ていないので、ワザと外しました。

経済苦は私の説明不足でした。アキさんの言うとおり、働き口の問題です。
私としては経済苦=就職難であり、特に50代男が職をあぶれ、
経済的にいきづまりケースが多いのが日本の特徴だと考えています。
仕事=生きる事ですから、働き口の安定化、もしくは働き口を辞めても
新しい働き口がすぐ見つかるような社会になるのがひとつの方法ではないでしょうか。
終身雇用というのは働き口の安定化という意味で、絶大な効果を上げた時期もありましたが
結局、日本はそれを捨て去った。捨て去ったなら新しい働き口がみつかる社会
つまり雇用の流動化を促進させ、受け皿を作るというのが一つの手段ですが
新卒至上主義や正規・非正規の格差が多すぎて、なかなかうまく機能していません。

日本は国民にどう仕事を割り振るのか、企業はどう雇用を受け止めるのか。
働きたいけど、働けない人をどうフォローするか。このあたりの仕組み作りは急務だと思います。

最後に高齢者の自殺は、そのうち顕在化しますね。
[ 2009/11/01 06:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する