キディ・ガーランド 第11話 「シャドウワーカー」【感想】 

敵側のキャラ立て回。
構成が80年代並みに古典的だと思うのだが
妙に懐かしい感じでもある。
リトゥーシャとパウークの行動動機も
おばあちゃんの介護という設定はまぁ
2人の純真さを強調できる設定ではないかと。
(まぁガクトエル様にこの辺り絡んできそうだが)

ガクトエル様が誰も信じていない
カリスマ君主である事がわかった。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2009/12/24 21:51 ] キディ・ガーランド | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/800-83683586

 キディガーランドの10話と11話が連続で放送していました。アスクールとクフィーユは、なんとかショックから立ち直りましたね。  で...