fc2ブログ

タイトルロゴから考える「水星の魔女」 

水星の魔女はタイトルからイメージを喚起できる点で良い名づけ方だと思う。

そんな「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の岡本プロデューサーは
インタビューで次のように語る。

岡本 社会科見学で来た10代の子たちから話を聞くタイミングがあったんです。そうしたら「ガンダムは僕らに向けたものじゃない」「(タイトルに)ガンダムとついていたら見ません」と言われて……。


「ガンダムは僕らに向けたものじゃない」10代のリアルな言葉に衝撃を受けて──『機動戦士ガンダム 水星の魔女』岡本拓也プロデューサーインタビュー前編(アキバ総研)

10代にはガンダムという単語が忌避感を募らせている皮膚感覚を語っている。

水星の魔女の世界ではガンダムという名前は忌み嫌われ、
2話のサブタイトルではガンダムを「呪いのモビルスーツ」となっている。
劇中の大人たちはガンダムを忌避しまるで現実の10代の子たちとかぶるような反応をする。

シリーズものは新規層の開拓なしには存続し得ない。
今まではガンダムという言葉が注目される側面もあったと思える。
しかし昨今ではガンダムという言葉が新規層を阻む「呪い」となっている。

今までのTVシリーズのガンダムアニメのタイトル名は
1stから2011年のガンダムAGEまでは「ガンダム○○」みたいな方向が多かった。
(例外は∀ガンダム)

2014年の「ガンダム Gのレコンギスタ」
2015年の「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」以降から一転。
「ガンダム ○の○○」のような名づけ方も多くなり、
2022年の「機動戦士ガンダム 水星の魔女」もその流れにいる。

2014年ぐらいの作品からガンダムより
ガンダムのあとに続く「鉄血のオルフェンズ」「水星の魔女」という
タイトルに比重が置かれているように思える。

この事を各作品のタイトルロゴのデザインから考えてみようと思った。
そして同じ事を考えていた方による記事は既にある。↓

水星の魔女にのぞむこと① タイトルロゴのお話(はずレールガン)

内容的に頷ける意見も多々あり参考になった。
とりあえず本記事ではタイトルロゴのみに焦点をおいて語ってみたい。

downlad.png
dooad.png

オルフェンズと水星の魔女を比較すると
機動戦士ガンダムの文字の大きさ・比率が違う
オルフェンズは機動戦士ガンダムが主張しているが
水星の魔女では機動戦士ガンダムが鉄血よりも小さく添えものであり
水星の魔女というタイトルで世に売り出したいイメージが強く伝わる。

downad.jpg
2022年の映画「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」では
機動戦士ガンダムの文字主張が強い。これは1stガンダムの話であり
安彦ファン、ORIGINファン、ベテランガンダムファンをターゲットにして
機動戦士ガンダムの名前で世に売り出したいのだろう。

download.png
対して2021年の「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」。
機動戦士ガンダムの文字は小さい。水星の魔女より若干大きい。
ガンダムという主張はありつつも「閃光のハサウェイ」のタイトルで勝負したい印象だ。
約30年前の小説原作でありながら、ガンダムから距離を置くようなタイトルロゴだ。

wnload.png
2014年の「ガンダム Gのレコンギスタ」もガンダムは添え物で
監督も脱ガンダムを標榜しているから「Gのレコンギスタ」に比重が強い。

以上の作品のタイトルロゴと比べて
水星の魔女の機動戦士ガンダムの文字は極めて小さい。
ガンダムを続ける上でガンダムという名前が「呪い」になっている。
であれば水星の魔女という名前で勝負するという
マーケティングの方向性が見えてくるように思える。

今後のガンダムアニメはタイトルロゴにおいて
「機動戦士ガンダム」をどうデザインするかで
作品の方向性が見えてくるのではないかと思う。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2022/10/10 18:50 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

「Gのレコンギスタ」の総括【劇場版を終えて】 

劇場版5部作を終えた「ガンダム Gのレコンギスタ」の総括を述べたい。

g-reko26002.jpg

「Gレコ」は富野由悠季の研究論文

 「Gのレコンギスタ(以下Gレコ)」は、富野由悠季のによる「宇宙エレベーターやフォトンバッテリー等を通して現代の社会経済と科学技術に対して異議申し立てをする研究論文」である。

 Gレコの企画が具体化する2000年代後半。富野監督は取材やインタビューを通し、「ハンナ・アーレントの『全体主義』の考えをアニメで表現したい」と語る。この試みに期待を高めていた。

 2015年の講演会では参考資料として池内了「科学・技術と現代社会」とE・H.カー「危機の二十年」を紹介。2016年の講演会ではガンダムエースの対談企画「教えてください。富野です。」での対談。特に宇宙エレベーター実験の参加と青木義男教授達との出会いが大きかったと語る。以上の経緯を踏まえると、Gレコは富野監督の出会い・取材・経験を通したインプットが凝縮に凝縮されてアウトプットされた作品だ。

 宇宙エレベーター、スコード教、フォトンバッテリー、クンタラ、アグテックのタブー、船体の装甲の材質、ムタチオン、ユニバーサルスタンダードと設定の数々。ただGレコは答えの是非は問わず問題提起に徹する。これは富野監督が2015年のGレコ放映終了後の講演会で次のように語る。

「(Gレコは)ユートピアニズムに陥った大人たちはリアリズムの欺瞞性を持ち込むから問題点を挙げておいた。」

と語ったように問題提起に留めるスタンスである。

 監督の意見を直接伝えるより、視聴者がどう受け止めるか。子供達がGレコを見てどう考えるのかを大切にしてほしいのだろう。
一方で富野監督は劇場版公開を通してのインタビューの中で作中の問題提起だけ伝わりづらかったのか「Gレコは宇宙開発反対がテーマ」をキーワードに宇宙エレベーターなどありえないと否定するメッセージも出している。

ドラマとテーマ・劇場版での昇華

 2016年の講演会では

「(Gレコの問題点は)リアリズムとテーマを優先させるためドラマを無視してしまったこと」

と語り問題提起を優先しドラマが疎かになったと語る。ドラマよりもテーマ寄りになった点でも、TV放送のGレコは研究論文的な傾向であった。

 私がGレコを面白く見られたのは、富野監督の考えを聞きたかったから。ドラマ以上に問題提起されたテーマを聞きたかったから。
Gレコは毎回、作中に散りばめられた問題提起が面白かった。「人は自分一人で本当に考えることができるのか」ハンナ・アーレントが提示する問題、組織と人の有り様など全体主義についての問題。科学技術の問題。様々な問題を提示させられ、考えさせられたのが面白かった。

 富野監督が考えを聞きたい立場なら、Gレコは面白かったのではないか。逆に富野監督のテーマに興味がなければ、楽しみづらいのではないか。富野監督がGレコを通して問題提起したい研究発表に対して、視聴者が興味を持てるかどうかがGレコの評価に繋がってくると感じた。

 このドラマが弱いと指摘されたTV版を踏まえて劇場版が製作。キャラクターの感情面をはっきり表現させるシーンを多数追加。個々の感情をキャラ同士のクローズアップさせる編集技でドラマ面の弱みの克服を試みている。

 戦争という異常空間の中で各々の愛と欲と業の叫びがこだまする。

現代の科学技術の有り様とGレコ

 Gレコは科学技術が抑制された世界。宇宙世紀の科学軍事技術の進歩はタブーとされ、宇宙エレベーターから供給されるフォトン・バッテリーとスコード教を信じて生きている。過去に起きた戦争の悲劇を通し、リギルド・センチュリーの時代を迎える。戦争と科学技術の抑制によって世界は徐々に再生されるが、戦争は起きる。

 Gレコは、富野監督が現実では叶わないと語る宇宙エレベーターと、理想エネルギーのフォトン・バッテリーがあっても戦争が起こる世界。ラ・グーを通して金星人の身体が突然変異するムタチオンが描かれたことで、人は宇宙では生きられない、地球圏から離れられない事も示唆している。

 Gレコは、現実では宇宙エレベーターは不可能で地球から離れて生きられない。人類が地球で戦争せずに持続可能性をもって生きるにはどうすれば良いのかを提起する作品だ。

 地球で戦争が起きないよう宗教や科学技術で歯止めをかけても、クンパ・ルシータによってヘルメスの薔薇の設計図が流出されれば、各国はMSを作り軍備を増強させてしまう。トワサンガやビーナス・グロゥブといった宇宙に住む人々が地球に帰りたい・見てみたいまっとうな思い(レコンギスタ)によって地球側の勢力と戦争を引き起こすことも描かれている。

 過去の反省から学び、様々なシステムを構築し宗教の教えがあっても、いずれは誰かの手によってシステムが壊れ戦争が起こる。科学技術への探求心。自分の故郷・ルーツに戻りたい気持ち。普通の人の素朴な思いが、実は業を呼び戦争を引き起こす事を描いている。

 Gレコの世界を踏まえ、戦争が起こらないようにするにはどうすればよいのか。科学技術は扱い方はアグテックのタブーのような仕組みが有効なのではないか。いずれにせよ一日一夜で解決できる問題ではない。

戦争を起こさないためには

 戦争を起こさないヒントは、メガファウナのクルーの構成と遍歴にある。メガファウナは、アメリアが海賊部隊であると偽装し、アイーダ指揮の元、キャピタルの諜報活動やフォトン・バッテリーの強奪を行う組織。その組織に様々な人間が集まる。

 アイーダが捕まったことでベルリと出会い、ベルリとノレドとラライヤがメガファウナのクルーになる。地球と宇宙を転々とする中で、キャピタル・ガードのケルベス。トワサンガのドレッド軍のリンゴ。トワサンガのレイハントン家の旧臣であるロルッカとミラジ。以上の面々がメガファウナに参加。一時期的にはアメリアのクリムとニック。キャピタルのマニィなどもメガファウナに参加していた。

 人種や国家間を越えて様々な人々が集まったメガファウナ。彼らは地球からトワサンガ、ビーナス・グロゥブを旅して地球に帰還したことで、真実を知り、実感を通して各国間の戦争を食い止める動きを取ることになる。

 元々、メガファウナに集まったクルーは好戦的ではない穏健的な人々。国家間を越え、同じ問題意識を持った個々人が集まることで、最終的にアイーダが戦争を食い止めることができた。つまりメガファウナに集まるような人々がいれば戦争を防ぐ力となる。

 物語から振り返るに、固定の考えを持った組織だけに属さずに、旅を通して異なる世界や組織の考えを触れることの大切さを訴えていた。特にアイーダは旅することで(特にグシオンからの)凝り固まった考えを開放し、公平で広く深い考えを身につけるようになっていった。旅を通して様々な考えを身に着けることが、戦争を起こさない道なのかもしれない。

TV版のコンテマンについて

 富野監督はTV版はスケジュールが無くなったために外にコンテを発注したニュアンスで語られていた。実際に6話を除きほぼ9話までは、監督がコンテを切っていた。もしTV版のGレコのスケジュールに余裕があれば、富野監督は一人でコンテを全話切っていたのでと推測できる。

 自らコンテを切るより、各話コンテマンのコンテチェックで作品をコントロールするのが富野監督の制作スタイルだ。もし全話コンテ切りを試みていたのなら、故出崎統監督のように全話コンテ切りで作品を完遂させたかったのかもしれない。

まとめ

 Gレコは富野監督の見聞きし出会いを通して得た経験を総動員した集大成。集大成であるがゆえに、テレビアニメの枠では収まらない程、密度の濃い情報量溢れる画面と思いに満ち溢れていた。劇場版ではさらに密度が凝縮されながらもドラマの焦点が強化。さらにドリカムの「G」を手に入れたことでさらに作品の有り様がクリア化されたようにも思える。凄惨な部分もあるが凄惨な展開にはせず、清々しく最後まで見られる口当たりの良さ。未来に向けて再び旅立つラスト。富野監督は永遠のチャレンジャーだと感じさせる。

Gレコは現代に山積する諸問題に対し、どう取り組めばよいのか。特に科学技術について講演会で富野監督は

「科学者が自分達の研究が進歩だと疑いがないと思っているようだが、そんなことはない。彼らはマッドサイエンティストだ」

というニュアンスで警鐘を鳴らしていた。どこまでが本当に必要な技術なのか。持続可能な地球環境であるためには、どんな技術を行使すれば良いのか。Gレコは考えるキッカケになるはずだ。

 ここまでテーマ的な事を中心に描いてきたが、まずアニメとして面白かった。極めて高レベルの手書き作画によるメカアクション。MS達の武器の面白さと戦い方のギミック。矢継ぎ早のような怒涛のカットの連続。生々しい感情と大仰さと細かさが同居する芝居の積み重ねによって生まれるキャラクター描写。面白い仕掛けに満ち溢れていた。

 劇場版ではまだ手描きメインのロボットアニメがみられる喜びに溢れている。戦争は辛いはずなのに、戦争はよくないと訴えているはずなのに画面から感じられるのはまずロボットアクションアニメとしてのエンタメ感だ。最後まで元気溢れる作風で通した「元気のGは始まりのG」の通りの作品。 
 
 そして劇場版のベルリとノレドがくっつく感じで終わるラストで救われた。

 以上、Gレコの総括。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2022/08/13 13:40 ] Gのレコンギスタ | TB(0) | CM(3)

GレコⅣのありがたみ―富野監督の宇宙開発反対論について 

まだ富野由悠季作品を見られる。嬉しい。

というのが率直な感想だ。
世の中は目まぐるしく動く中で、
自分がファンになって結構な時間が経つのに
富野は富野作品を作り続ける。
それだけでもう充分だ。

その上で面白いものを見せてくれるから
よりGレコを見られて嬉しくなる。

毎度毎度フィルムではなぜこうも元気なのか。
アクションシーンはアイディアと工夫に満ち溢れているのか。
それも手描きのロボットアニメでそれが見られる。

私にとっての数少ないロマンを感じるものの一つとして
富野作品に出会えるは嬉しいのだ。
(GレコⅣは新規シーンがとても多くて尚更)


-監督がGレコに込めた宇宙開発反対について-

富野監督がGレコを語るときに
GレコはGレコ世界のような宇宙開発など
現実ではできない事をメッセージとして込めている発言を度々している。
このことは言われるまで気づけなかった。

私としてはGレコがフィクションとしてよくできているように見えるから
現実でできるできない以前に、その世界に入れ込んで見てしまう。
だからよくできて入れ込めるフィクションを
「現実ではできない」ものとして受け取れというのが
監督側の言葉なしでは難しいものだと感じてしまった。

「宇宙開発反対」と言われ説明されれば真意はわかる。
 (フォトンバッテリーとかは現実には難しいとは思う)
提示したものを否定しろ、というのは見方として難しいなぁと思った。
それは提示されたものが答えだと思ってしまいがちだからだ。
このあたりは、アイーダがグシオンに「教えられた」事を鵜呑みに
してしまったのと同じことなのかもしれない。

宇宙開発反対については
子供の頃から与圧服の写真を通してロケットを通して
80歳になっても宇宙をフィクションを通して考え続けている富野監督が
現実の宇宙開発には否定的なスタンスを取るのは、
その意見を聞く価値はあるのかなと思う。

何より今後人類は生き残れるのかという余りにも切実な問題に対して
宇宙開発はどういう意味を持つのか。
Gレコはフィクションを通して今後それを考えさせられる作品となるだろう。

そしてより大事なのはGレコ内に散りばめられたアイディアを通して
今後の問題解決に繋がる、何かを訴えようとしているのが大切であり、
細かな設定や単語の隅々に作品の魅力が繋がっているようにも思える。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2022/07/26 18:01 ] Gのレコンギスタ | TB(0) | CM(0)

ゲーム音楽 

聖剣を求めて(聖剣伝説)


仲間を求めて(ファイナルファンタジーVI)


四魔貴族バトル2(ロマンシング・サガ3)


アグストリアの動乱(聖戦の系譜)


神よ、その黄昏よ(ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王)


おしまい~妖精円卓領域:O・ヴォーティガーン(Fate / Grand Order)
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2022/04/24 14:01 ] ニュース | TB(0) | CM(1)

富野汗まみれ 

ジブリ汗まみれ1/9のゲストに富野監督。

最近、富野監督と鈴木敏夫Pが対談等を通して
やりあっている姿を見ているのが楽しい。

話し合う二人の距離感が面白かった。
数十年ぶりに同士が出会い語り合うような距離感。
1970年後半から80年前半ぐらいが
お互いがやりあっていた頃で
かの時代に戻ったような感じで話しているのがよかった。
二人の蜜月時代は確かにあったのだろうと。

鈴木Pには今後、富野・宮崎の対談をぜひ実現させてほしいと思う。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2022/01/10 17:15 ] 富野由悠季 | TB(0) | CM(0)

すぎやまこういちベスト 

G1 ファンファーレ(JRA)
序曲(DQ1)
Love Song 探して(DQ2)
冒険の旅(DQ3)
戦闘 生か死か(DQ4)
海図を広げて(DQ4)
戦火を交えて(DQ5)
神秘なる塔(DQ8)
氷の世界(DQM2)
勇者の故郷(DQ4)
おおぞらをとぶ(DQ3)
天の祈り(DQ9)
おおぞらにたたかう(DQ8)
愛のこもれび(DQ11)
勇者の挑戦(DQ3)
この道わが旅(DQ2)
そして伝説へ(DQ3)
コスモスに君と(伝説巨神イデオンED)
カンタータ・オルビス(伝説巨神イデオン発動篇)
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2021/10/09 19:32 ] ニュース | TB(0) | CM(1)

富野由悠季と移動の魅力―トリトンからGレコまで 

富野由悠季は
海のトリトンからGのレコンギスタのキャリアで
「移動」を描いてきた。

i48es.jpg

トリトンからイデオンまでの喜幸時代は
生死を賭けた中での移動(漂流)。
トリトンやザンボットは生き抜くための漂流。

この頃の富野はさすらいのコンテマン時代。
仕事場を転々とし、不安定な状況を反映して
漂流における生死のドラマにこだわったのかもしれない。

そしてガンダムの中で移動は
子供の頃の夢、宇宙旅行を戦争ものに置き換えて表現。
生死を描くドラマと宇宙旅行の魅力がガンダムで結実。
この路線を究極的に推し進めたのがイデオンだ。


富野はガンダム・イデオンを通して
サンライズを本拠地にして業界内でも存在感を示した。
自身のキャリアが変化する中で
由悠季以降は移動や生死の中で描かれるドラマ以上に
自身が描きたいもの・観念の表現に重きが置かれる

ファンタジー世界の創作(ダンバイン)
人類は粛清されなければならないのか(逆シャア)
家族とは(F91)

移動は観念を支えるものとなり、
移動そのものの魅力が低下。
Vガンは地球と宇宙を交互に移動はするが、
過酷なドラマに押しつぶされる印象が強い。


富野はVガン以降、心身不調に。
そして復調後の∀以降の移動のモチーフは
根源・ルーツが付与されたものになっていく。

心身不調からの復帰、還暦も迎る中で
自身の根源に至りたい、ではなぜ至りたいのかという
問いが自身の中で生まれたのかもしれない。


地球への帰還(∀)
現状打破の為のエクソダス(キンゲ)
故郷に戻りたい(リーン)
地球へのレコンギスタ(Gレコ)

移動そのものにエクソダス・レコンギスタと名が与えられ
移動する人々の動機に沿った物語が描かれる。

この富野における移動の最新の物語が、
エネルギー・物流・宗教・政治・経済。社会・技術といったテーマを射程にして
真実を求めて移動(宇宙旅行)したGレコである。
 

富野はキャリアの中で移動の性質を変えているが
アニメーションという絵で動かす・どう動かすのかを追求する表現の中で、
人の移動(動きで生まれる生活描写・なぜ動くのか)を描く。
移動を描く富野にアニメーションはピッタリの媒体である。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2021/07/31 18:34 ] 富野由悠季 | TB(0) | CM(0)