究極のアニメ「けものフレンズ」最終話をふりかえろー 

もはや多くを語ることはあるまい。

けものフレンズ最終話をふりかえろー。

kemono12-iloveimg-compressed.gif

画面が引いて、全キャラが総登場しながら
「けものフレンズ」とタイトルロゴが出るシーン。
究極にかっこいー。

kemono12-9-iloveimg-compressed.gif

紙ヒコーキが出た瞬間に泣いた!
前回かばんちゃんは「みゃみゃみゃ」と木登りをして
今回サーバルちゃんは紙ヒコーキで返してくる。
互いが互いの良い点を学んで、大事な所で学びを発揮する。
二人の究極の友情がみえる瞬間!

kemono12-8-iloveimg-compressed.gif

かばんちゃんが復活したのを喜ぶサーバルちゃん。
サーバルちゃんから抱きつくのが良い。

kemono12-1000.jpg

セルリアンと相打ち覚悟のボス。
究極に色使いがかっこいー。

kemono12-6-iloveimg-compressed.gif

Aパート。跡形もなくなったボスの残骸を投げてしまうサーバルちゃん。
笑いどころとして抜群に機能している。
泣かせる話の中でちゃんとギャグをやっているのが本当にすごーい。
笑いの中にシリアスあり。シリアスの中に笑いあり。最高のバランス。

kemono12-7-iloveimg-compressed.gif

もう一つの笑いどころである観覧車落下。
サーバルちゃんとかばんちゃんが二人っきりになれる
良いシーンが始まる予感をさせつつ、
ハカセがメンテナンスをしているのにという念押しをしながら、
その予感をぶち壊してくれるのがおもしろーい。

kemono12-3-iloveimg-compressed.gif

バスを直して喜ぶかばんちゃんがサーバルちゃんに抱きつくシーン。
最終話は互いが互いに抱き合う事になってよかった。
こういうシーンを見たかった!

kemono12-1001.jpg

今までのキャラが横並びでかばんちゃんへ送る言葉を述べるのが良い。

kemono12-6000.jpg

かばんちゃんを見送るみんな。
この後、みんな立ち去る中で名残おしそうなサーバルの挙動が良い。
何より帰るようなフリをしてサーバルが追いかけるどんでん返しがすばらしー。

まとめ

スタッフの皆様、こんな素晴らしく面白いアニメをありがとうございました。
最終話はたつき監督のコンテワーク及びヤオヨロズのスタッフワークに脱帽です。
アニメにはまだまだ未知の可能性があることを教えてくれた作品でした。
 
名残惜しいですが、それでは新作映像に期待しています。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2017/03/29 20:26 ] けものフレンズ | TB(1) | CM(0)

アニメとしての「昭和元禄落語心中」 

アニメの「昭和元禄落語心中」が最終回を迎えた。

原作を読んでなかったが、
ただ落語をどうアニメで描くのかが気になって1期の1話を見ていたら
とても面白く、特に石田彰さん・山寺宏一さんの落語の演じ方が面白かった。

それからは物語にもハマっていった
特に菊比古と助六の愛憎交わる関係性。
七代目八雲と初代助六の話。
二代目助六が最後に「芝浜」を演じたシーンが好きだった。

助六再び篇以降は、老いた八代目八雲がとにかく好きだった。
芸を極めたが、助六とみよ吉を死なせてしまったことから
落語と一緒に孤独に心中しようとする姿に惹かれた。

しかし八代目八雲の思いとは別に
気まぐれで弟子にとった三代目助六が八雲を小夏を変えていく。
信乃助の存在もあって八雲は徐々に孤独から解放されていたのだと思う。

我欲がなく、ただただ落語に尽くしたい三代目助六は
我欲にこだわる八雲を変えるのにもっとも適した人間だったのかもしれない。
むしろ八雲が三代目助六を弟子にしたのも、
八雲自身が無意識下で救われたいからこそ行ったともいえるかもしれない。

アニメ2期後半になると、その後の展開が気になってしまい
先に原作を全部読んでしまった。
特に八雲の死後の世界を描いた展開にはここまで描くのかと鳥肌立った。

原作を読むと、原作が面白いからアニメがよくできているのがわかった。
アニメが原作を増幅させて面白くしているのがわかった。

syouwa000.jpg

「こんないいもんがなくなるわけねーべ」と
三代目助六から九代目八雲は落語について語る。
落語はいいものなのだ。だから残っていく。

八代目八雲は自分の死が落語の死であることを望んだが、
結果的には名蹟も落語も引き継れることになる。

私は芸風や作風の系譜を追うのが好きなのだが、
落語心中はこの観点から見ると、系譜の物語だったのが
好きになれた理由だと思う。

アニメは監督の畠山守さんの力による所が大きいと思った。
原作よりもシリアス風味を強くし、アニメで落語を見せ切った力量は素晴らしい。
細居美恵子さんのキャラデザも良かった。

最後に畠山守監督は信乃助の父親は誰なのかを想定しながら
アニメを作っていたのかは気になっているが、
答えを言わぬが花であるのは間違いない。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2017/03/25 20:42 ] 昭和元禄落語心中 | TB(2) | CM(0)

「けものフレンズ」がヒトの歴史に宿命づけられた理由。 

「けものフレンズ」がこの世界で生まれることは必然であり、
ヒトの歴史に宿命づけられていると思い、
ここ1ヶ月調べ続けた結果、あるヒトの存在に辿りついた。

それはアメリカのプロバスケットボールリーグであるNBA。
NBAのミルウォーキーバックスというチームに所属する
ジャバリ・パーカーというヒトだ。

ジャバリ・パーカーの選手データ http://www.nba.com/players/jabari/parker/203953

kemononba000.jpg

2014年のドラフト全体で2位指名されたヒト。
フィジカルに強く内外から得点を期待できるオフェンスの引き出しの多さに定評がある。
今年は平均20.1得点をあげ、チームの中心選手になっていた。なっていた…。
けもフレ構文的にいえば「すごーい。君はバスケットが得意なフレンズなんだね」な存在だ。

さて本題。このジャバリ・パーカーという名前。
「けものフレンズ」のジャバリ・パークと文字・音的に極めて近く、
そのまま名前にしたかのようだ。

ジャパリパーク
ジャバリパーカー


パがバ、クがカという二文字違いでしかない名前。
流して見れば、両方対して違いがないような差だ。

しかもバとパは濁音・半濁音の差だけであり
カとクも同じカ行。
強引だがパークにerをつければパーカーになる。
音的にはもっと近くに感じられる。
(けものフレンズのゲームのプレイヤーをジャパリパーカーとも呼ぶらしい)

1995年生まれのジャバリ・パーカーは
22年前から「けものフレンズ」の存在の到来を宿命づけ、
ジャパリパークの存在を必然であったことを証明していたヒトなのだ。

彼こそが「けものフレンズ」だ。


(ジャパリ・パーカーが活躍した試合の得点ハイライト集)

そもそもNBAが世界中からバスケットが得意な人間(あるいはフレンズ)を集めて
すっちゃかめっちゃかしている様はジャパリパーク的であるともいえよう。

しかしジャバリ・パーカーは今年の2月9日左膝の前十字靭帯断裂と診断。
治療・リハビリに12ヶ月程度が必要とのことで今シーズンの復帰は絶望となった。
2月9日といえば「けものフレンズ」のアニメが日本で大きく機運を高めていた時期。
このタイミングでケガをしてしまった不幸なヒトである。復帰後の活躍に期待したい。
ジャバリ・パーカーの復帰は今後の「けものフレンズ」の大きな力になるはずだ。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2017/03/20 07:11 ] けものフレンズ | TB(0) | CM(1)

「けものフレンズ」の名人芸の間-無形の力 

はじめに

けものフレンズの面白さとは何だろう。

kemono10000.jpg

繰り出される情報を元に本編を考える面白さ。
キャラクターを愛でる(2次創作)する面白さ。
今盛り上がっている状況そのものの面白さ。

色々要因は挙げられると思う。

私としてはまず映像としてアニメとして
「けものフレンズ」が面白いのではないかと思う。

けものフレンズの面白さを語る難しさ

ただ映像としてアニメとして「けものフレンズ」を語るのはとても難しい。

宮崎駿のような気持ち良い動きで見せるアニメーション。
新海誠のような高精細できらびやかな美術背景・画面。
彼らのアニメは、パッと見て目を引く画面の力がある。

「けものフレンズ」の画面は必ずしもそうではない。

うまく言えないのだが「けものフレンズ」には
パッと見てわかる画面の力ではなく
視聴者が興味をもって面白いと感じて見てしまう何かがあるのだ。

けものフレンズの上手さ-時間と間

もっといえば絵・画面という形として目に見える要素ではなく、
目に見えない各カットにおける時間の使い方
及び全体のコンティニュイティ(映像の連続性)
キャラクターのしゃべるスピード、といった時間の使い方に
けものフレンズの面白さが生まれているのではないか。

例えば10話のアミメキリンがサーバルがなんのフレンズかを推理するシーン。

kemono5-iloveimg-compressed.gif

アミメキリン「あなたはヤギね!」
サーバル「ぜんぜんちがうよおー」
アミメキリン「グっ!!」

この特にアミメキリンが「グっ!!」っていう時に
一瞬間が遅れるのが、このシーンを面白くしていると思うのは私だけだろうか。

他には、ジャパリまんを食べたのが誰かが話題になった時に
かばんちゃんが間髪入れずにサーバルと答えたシーン。
間髪入れずに答えることで、笑いが起こる。面白い。

また今回の最大の見所であろうサーバルが涙するシーンも
顔のアップは3秒ほどで、次のカットは引いたカメラで
後ろから映すカットに変わる奥ゆかしさ。アップを長く撮らない。

「けものフレンズ」はこうした間の使い方が上手いのではないかと思う。
間が上手いから見てしまうし聞いてしまう。
例えば、夢路いとし・喜味こいしのような聞き入ってしまう名人芸の間が
「けものフレンズ」にあるのではないか。

たつき監督の名人芸

この時間、間の使い方は監督であり10話までコンテ・演出を手がける
たつき監督によって生まれていると思う。
特に間を先行して作れるビデオコンテで制作していることで
「間や感情も大事にしたい」監督の思惑通りにアニメが仕上がっている。

また10話まで全話コンテ・演出を手がけることで
シリーズを通して雰囲気が変わるような回、浮いている回もなく
作品全体の統一感が高くなっていると思う。
そしてキャラが作品の世界観からずれた行動や仕草を取らない。

メディアへの関係者のインタビューを見る限り
たつき監督が八面六臂に活躍されていることで
目に見えない部分での作品の完成度が高く仕上がっているのだと思う。

その意味では「けものフレンズ」は
たつき監督が名人といわれるような落語家、漫才師のような
時間と間を操る名人芸を駆使することで、
面白い作品に仕上げたのではないかと思う。

まとめ

「けものフレンズ」の面白さは時間の使い方や間、
聞きやすいキャラの喋り速度にあると思う。

作品世界の情報に興味をもって聞けるのも、
内容も含めて聞かせ方が上手いのだと思う。

それらを生み出しているのは、おそらくたつき監督なのだろう。

そしてしゃべる言葉の面白さ(すごーい等々)も相まって、
ネットに拡散しているのだと思う。

いよいよあと2話。けものフレンズからは目が離せない。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2017/03/15 20:05 ] けものフレンズ | TB(1) | CM(0)

富野由悠季とは何者なのか 

はじめに

富野由悠季はアニメ演出家・監督、原作者・作詞家・小説家である。

goru2000.jpg

国産TVアニメの幕開けの「鉄腕アトム」(1963年)からアニメ制作に携わり
「ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)」(2014年)までに今に至る。
現在はGレコの劇場版を準備中。

老舗虫プロからサンライズに至る、
日本のテレビアニメの歴史の一つの流れを形成。
作家の福井晴敏は富野を「ガンダムを創った方」と評する。

富野由悠季が何者かと言われれば、
ガンダムの原作者というのが一番通りが良いのではないか。

富野演出とは~映像の繋がりを意識した演出

富野由悠季監督作品の演出とは何か。
ベースはエイゼンシュテインのモンタージュ理論。
カットの組み合わせによって最大限の映像効果を求める演出である。
富野の著書「映像の原則」ではこの理論をベースに映像演出法を書いている。

では富野作品から演出例を挙げてみる。「機動戦士ガンダムF91」(1991年)。
主人公シーブックが鉄仮面を倒した後のシーン。

シーブックは、セシリーが鉄仮面によって宇宙に放り投げられたので、
動揺し「セシリー、セシリー」と叫ぶ。
シーブックはいつ敵機が襲ってきてもおかしくない状況ながら、
動揺の為にF91が持っていた武器を機体から放す。

f91-3-iloveimg-compressed.gif

この放された武器をカメラが追いかけ、
敵側のクロスボーン・バンガードのザビーネが乗る機体が
「ガギャーン」という音とともに受け止める。
シーブックが武器を放り投げ、
ザビーネが武器を受け止める映像のつなげ方は、抜群に上手い。

なぜ上手いのか。
シーブックの動揺を描くために武器が投げ捨てられ、
ザビーネが武器を受け止めるのが一連の流れになっており
自然なカット繋ぎになっているからである。

もしシーブックが武器を放り投げて、
ザビーネが武器を受け止めずに後ろからシーブックを発見する繋ぎ方にすれば、
シーブックとザビーネに接点を持たない、繋がりが弱い映像になってしまう。

このシーンは決して本編で目立つ部分ではないが
映像の繋がりによって生まれる面白さを追求した演出だと思う。

映像の繋がりを意識する演出は、「鉄腕アトム」の頃から一貫している。
例えば180話「青騎士」では青騎士が投げた花を
カメラが追いかけた先にアトムがいる演出をしている。

tominoto000.jpg

富野作品で使用される通称「カットイン」と呼ばれる画面分割の演出も、
不要なカットを割らずに映像の連続性を心がけた工夫から生まれた。

富野作品は、富野台詞や富野節、
キャラクターが死ぬ皆殺しの富野といった展開が目立つ。
基本的に富野作品は、映像の連続性を損なわずに演出し
さりげないシーンで演出的に凄いと思わせることもやるので目が離せない。

観念を映像化する富野作品

富野作品では観念やイメージをどう画面に演出するのかに心を砕いてきた。

tomino000.jpg

「機動戦士ガンダム」(1979年)ではアムロとララァが戦闘を通して、
非現実空間でお互いの思念を交流させるシーン。

ララァが死んだ直後ではアップで映ったアムロの目から大波が押し寄せるシーン。
ドズル・ザビの後ろから怨霊のような影がみえるシーン。
人の業をどう描くのか様々な試みをしている。

「伝説巨神イデオン」(1980年)は第六文明人の精神集合体であるイデを描く。
「発動篇」で、姉ハルルに殺されたカララの胎内では、
イデの力でお腹の赤ちゃんは生き続けていた。
他にも地球とバッフクラnの戦いをコントロールし続け、
形のないイデが圧倒的存在感として作品内で君臨し続ける。

「聖戦士ダンバイン」(1983年)では聖戦士のオーラ力を描く。
特に自意識の肥大化がもたらす悲劇を
ジェリル・クチビやトッド・ギネスのハイパー化という設定を用いて描いている。
(ハイパー化は今川泰宏の功績が大きい)
以上のように、富野はアニメという媒体を通して観念的なものを描き続けてきた。

富野台詞・ネーミング

富野作品における富野台詞は、言葉として意味を伝えると同時に、
音の響きを重視し映像とシンクロさせて伝える事を念頭においている。
富野台詞は富野流「映像の原則」に則った映像の連続性を考慮しながら使われる。

また富野作品はネーミングにも拘る。
映像における聞こえ方を念頭に置いた名前。
韻を踏んだような名前(ジュンコ:ジェンコ)。
ダジャレのような名前(ボリノーク・サマーン)。
ひどい名前(ミ・フェラリオ)。
富野作品のネーミングは独特のものがある。

富野監督と映像の原則

富野の著書「映像の原則」では「映像には原則がある」と主張する。
なぜこの本を発表したのか。現場に対する危機意識。
自分の考えを後世に、後進に残したい。様々推測できるだろう。

富野が「映像の原則」にこだわる理由を考えてみる。
まず富野が進学した日本大学芸術学部映像学科で映像のいろはを習得したこと。
学生時代を振り返り、富野は映像制作について自信があると思っていたようだ。

次に入社した虫プロの制作環境だ。
「鉄腕アトム」の制作は日本発の試みであり制作ノウハウが少ない。
かつ極めて多忙なスケジュール。

tominoto4000.jpg

虫プロは、作画枚数を極端に減らす3コマ作画や止め絵・バンクシステムといった、
最小限で効果を上げる手法を生み出す。
東映動画出身の大塚康生曰く「省力アニメーション」という
TVアニメを発明した「鉄腕アトム」の制作現場にいたのが大きい。

厳しい制作環境ながら学生時代に身につけた映像のイロハと
虫プロで叩き込まれたアニメ制作のノウハウを元に
映画として見せるにはどうしたら良いのかを富野は試行錯誤していた。

虫プロを退社後に関わる作品も、制作環境が厳しいものが多かった。
制作環境が厳しい中で、富野は鍛え上げられた。
作品や会社を問わず様々な作品に参加。通称「絵コンテ千本切り」時代である。
この間に制作環境に左右されない自身の「映像の原則」を徹底して磨き上げ、
演出スタイルを確立していったと思う。

「映像の原則」を活用すれば、厳しい制作環境のTVアニメでも映画を作ることができる。
この信念で富野は今までやってきたのだろう。次のように富野は語る。

「アニメは、その映画的なるものの一部でしかないから、僕は、未だにアニメに興味を持つことができず、エイゼンシュテインの時代のモンタージュと映像の弁証法という映像力学をもって監督するだろう。TVアニメ屋として。」(出典:富野由悠季全仕事・1999年)



人との出会い

富野演出を形作ったのは人との出会い。

まず手塚治虫。
「鉄腕アトム」で演出になりたい富野の心意気を汲み演出に抜擢した手塚。
富野はアトムで最も多く演出を担当することになる。

次に虫プロ常務の穴見薫。
富野は虫プロの制作体制に不満を持ち始めただが、
虫プロの現場を経営面から支える穴見は、富野の不満を受け止めていた。

穴見は手塚治虫版ディズニーランド「虫プロランド」の構想を富野に打ち明ける。
富野は感銘し穴見と仕事をしたい(カバン持ちでもいい)と思うようになる。
しかし穴見は亡くなり、穴見の死は富野が虫プロを辞める遠因となる。

虫プロ退社後は、アニメから離れ広告代理店で働き
専門学校でアニメの講師として仕事をする。
その後広告代理店の社長の死によって結局アニメ業界に戻ることになる。

アニメ業界に戻った富野は、出崎統、長浜忠夫、高畑勲、宮崎駿と出会う。
出崎からは「あしたのジョー」(1970年)でアニメでも
演出次第で映画になるという事を学び、
固有の才能を持つ出崎に完膚なきまで叩きのめされたと語る。
ここで出崎統的な立体感ある演出を取り込んでいくことになる。

長浜からは作品の企画の根本を押さえれば、
自分の色が出ることと音響演出の重要性を学ぶ。

「アルプスの少女ハイジ」(1974年)「母をたずねて三千里」(1976年)では
高畑勲から出崎とは別の意味で演出、
自然主義的なリアリズムある映像のつくり方を学ぶ。
富野演出は、出崎の表現主義と高畑の自然主義の融合がベースとなっている。

またタツノコプロではコンテ演出を一貫しての仕事が大きな経験となる。
さらに先ほど挙げた方以外にも様々な作品で絵コンテを切った経験が蓄積となる。

多数の現場を渡り歩き、「海のトリトン」(1972年)
「勇者ライディーン」(1975年)以降、
富野がオリジナルアニメの監督ができる場所として、
虫プロの流れを汲む日本サンライズ、現在のサンライズと出会う。
「無敵超人ザンボット3」(1977年)以降は、
サンライズをメインホームに「機動戦士ガンダム」を生み出していく。

おわりに

福井晴敏が富野を「ガンダムを創った方」と評したが、歴史的にはこの指摘が正しい。
それでも私は富野をまず「演出家」「監督」として位置づけて捉えていきたいと思う。
それは監督自身が自身を「作家」ではなく「職人」であることに矜持があるから。

富野作品を好きなのは、組織と人の業を希望も絶望も全て丸ごと描き続けること。
常に未来への人のあり方を説き、エンタメ感溢れる映像で見せていくことにある。

アニメの面白さとアニメの可能性を見せてくれたのは富野作品だった。
富野作品は年を経れば経るほど面白みを増していく。今後も事あるごとに見ていきたい。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2017/03/05 12:56 ] 富野由悠季 | TB(0) | CM(0)

「昭和元禄落語心中」における人間の業の肯定 

落語家 故 立川談志は「落語とは人間の業の肯定である」と語っている。
人間の弱い部分を認めるのが落語であるという意味で談志はこの言葉を使う。

昭和元禄落語心中を見ていると、
八代目八雲を見ているとこの言葉を思い出さずにはいられない。

rakuho2000.jpg

「死にたい」という気持ちが強いながらも
それ以上に「生きたい」という気持ちが勝る八雲。

死と生の狭間でもがき苦しむ八雲の姿に、人間の弱さを垣間見る。

思うに一番深い人間の業とは
「生きよう」とすることなのかもしれない。

立川談志は次のようにも言う。

「死ねないから生きているんだ。
死ねるやつはみな自殺している。
死ねないから人間は生き甲斐なんてものを探す」

まさに今回9話の八雲の姿そのものだろう。
自殺しても死ねない。死ねないから生きている。

「昭和元禄落語心中」は、
落語を通して人間の業と生と死を描いている点が面白いのだと思う。
特に八雲・二代目助六・みよ吉…小夏
みんな大なり小なり人間の業を抱えたキャラを描いている。

もっといえば彼ら彼女達の生き様こそが落語的なのだろう。

アニメの凄さはこうした業を持つキャラを迫真性を持って描いている。
うまくは言えないが、演出が切れているのだ。
特に八雲に関しては、八雲の全てを抉るように描かれているようにも思う。
毎回、見入ってしまう展開の連続。凄いアニメに仕上がっていると思う。

特に2期は9話中7話で監督の畠山さんが絵コンテを切っており
畠山さんが大車輪の活躍でアニメとして物語を紡いでいるのがわかる。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2017/03/04 19:40 ] 昭和元禄落語心中 | TB(0) | CM(0)

「けものフレンズ」をみさくら語にしてみた。 

けものフレンズには心温まるセリフが多い。
そこでけものフレンズのセリフをみさくら語にしてみた。

みさくら語とけものフレンズ

kemonomisakura003.jpg

元:「たべないでください」
 ↓
みさくら語:「たべにゃいぃれくらしゃいぃにゃのぉおお」

(みさくら語っぽい)

kemonomisakura004.jpg

元:「たべないよ」
 ↓
みさくら語:「たべにゃいぃよお゛お゛お゛ぉ」



kemonomisakura1000.jpg

元:「へーきへーき。フレンズによって得意なこと違うから」
 ↓
みさくら語:「へーきへーき。フレンズによって得意にゃこと違うから」

(あんまし変わらない)

kemonomisakura005.jpg

元:「きっとすぐに何が得意かわかるよ」
 ↓
みさくら語:「きっとしゅぐに何が得意かわかるよお゛お゛お゛ぉ」



kemonomisakura006.jpg

元:「うわああああ、しゃべったああ」
 ↓
みさくら語:「うわぁあああ あぉぁあああ あぉぁあああ あぉぁあああ あぉ、しゃべったぁあああ あぉぁあああ あぉ」

(激しい)

kemonomisakura002.jpg

元:「わーい!」「たーのしー!」
  ↓ 
みさくら語:「わーいぃ!」「たーのぉおおしー!」

(あんまし変わらない)


kemonomisakura001.jpg

元:「わたしはトキ 仲間をさがしてる どこにいるの仲間たち わたしの仲間さがしてください ああ仲間」
 ↓
みさくら語:「わたしはトキ 仲間をしゃがしてぇぇぇぇ゛るのぉおお どこにいぃるのぉおお仲間たち わたしのぉおお仲間しゃがしてぇぇぇぇ゛くらしゃいぃにゃのぉおお ぁあああ あぉぁあああ あぉ仲間」

(むしろ金朋さんにみさくら語で演じてほしい)


kemonomisakura5200.jpg

元:「お客さんじゃないのか、ペッ」

みさくら語:「お゙ぉおォおん客しゃんに゛ゃにゃいぃのぉおおか、ペッ」

(なんかきたない)


kemonomisakura000.jpg

元:「砂がいっぱいあるね」

みさくら語:「砂がいぃっぱいぃぁあああ あぉるね」



kemonomisakura3000.jpg

元:「かばんちゃんはすごいんだよ!いっつもこうして楽しいこと思いつくの!」

みさくら語:「かばんひゃぁんはしゅごいぃのぉおおょぉぉぅんらよお゛お゛お゛ぉ!いぃっちゅもこうしてぇぇぇぇ゛楽しいぃこと思いぃちゅくのぉおお」


まとめ

けものフレンズとみさくら語は親和性が高いような気がした。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2017/02/26 07:06 ] けものフレンズ | TB(0) | CM(0)